FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

私を亨さまのメイドにしてくださいませ・・・。

fera3

「お前も伊集院家のメイドなら、フェラチオくらい、すぐにおやり!」

奥様に鞭でおしりをぶたれて、私は床に額をすりつけた。

廊下ですれちがった坊ちゃんに、「フェラチオしろ。」と命令されて、一瞬、ためらってしまったのが、お気に障ってしまったらしい。

奥様が溺愛している坊ちゃんに、廊下でフェラチオなんかしたら、ひどい折檻を受けるんじゃ・・・と思ったからだったんだけど。

こんなことなら、何も考えずに、フェラチオするんだった。

何度も謝って、ようやく奥様に許してもらえた私は、ほっとして顔をあげた。

目の前に、坊ちゃんの勃起ちんぽが突き出されて、息をつく暇もなく、フェラチオさせられる。

「最初から、そうやって素直にフェラチオしてればよかったんだよ。お前らメイドはそのためにおいてやってるんだからな。」

親が金持ちで名門だってだけで、このクソ坊ちゃんは私達をいいようにおもちゃにしている。
普段の性欲処理はもちろん、友達を連れてきて、一晩中、乱交したり、お屋敷の外でもフェラチオさせたりして、何人ものメイドを脱走させた。

私達は親の借金の肩代わりとして、メイド(実際には、性奴隷だけど)をしているので、よほどのことがない限り、逃げたりしない。

坊ちゃんの好みは、おとなしくて清楚なタイプだから、乱交やお屋敷の外での野外露出セックスに耐え切れなかったのだろう。

旦那さまや亨さまは、やさしく慈しむようなセックスをしてくださるので、メイド達はお声をかけていただくのを心待ちにしている。

坊ちゃんがサディスティックなのは、きっとそんな二人に劣等感と嫉妬を感じているからなんだろうけど。

八つ当たりされる私達には、いい迷惑でしかない。

あまり上手くフェラチオして、気に入られても困るので、普段の半分以下の力でフェラチオした。

「お前、フェラチオ下手だなあ。もっと技を磨けよ。」

私の口の中に、当然のように口内発射した坊ちゃんは、捨てゼリフを吐いて、私を蹴った。

「メイドに傷をつけると、お父様にしかられるわよ。」

息子がフェラチオされているのを嫉妬のこもった眼差しで凝視していた奥様が、なげやりに坊ちゃんを注意する。

旦那さまと亨さまは、故意にメイドに傷をつけたりしない。

しつけとして、おしりだけは鞭打つことがあるけど、奥様のように力任せに鞭をふるったりしない。

奥様と坊ちゃんがやっと立ち去ったので、私はメイド用の洗面台に駆け込み、何度も口をゆすいだ。

「クソ坊ちゃんのちんぽ、フェラチオさせられたの?ツイてないわねえ。」
先輩のメイドが私に同情して、背中をさすってくれる。

「あいつら、おとなしく、近親相姦でもなんでも、してりゃいいのに。」
二人でひとしきりグチをいい合うと、ちょっと気が晴れた。

ハミガキまで済ませたところで、私の携帯がメールを受信する。

嬉しいことに、亨さまからの呼び出しだった。

「よかったわね!さっき嫌な思いをした分、たっぷりとかわいがっていただきなさい。」

先輩に送り出されて、足取りも軽く、亨さまの部屋に向かったら、そこにいたのは、なんとクソ坊ちゃんで。

私は失望を顔に出さないように、必死で無表情を保った。

「お前にフェラチオを教えてやろうと思って、たくさん勃起ちんぽを用意してやったぞ。」

亨さまの部屋なのに、坊ちゃんの友達がぞろぞろと出てきて、私を取り囲んだ。

みんな全裸で、ちんぽをぎんぎんに勃起させている。

これを一人で全部フェラチオするのかと思うと、絶望で目の前が暗くなった。

亨さまだと期待した分、失望が大きい。

「ほら、兄貴のちんぽだと思って、ていねいにしゃぶれよ!全員が満足するまで、お前のフェラチオ練習は終わらねーぞ。」

ぎゃははと下品な笑い声をあげた坊ちゃんが、手を振って合図した。

勃起ちんぽ達が私の顔の前に集まってきて、私は仕方なく、フェラチオしようと口を開きかける。

「ただいまーって、なにやってんの?」

間一髪で、亨さまがご帰宅されて、クソ坊ちゃんと全裸の友達を叩き出してくれた。

「ごめんな。怖かったろ?アイツにひどいめに遭わされたら、ちゃんと俺にいいなよ。」

亨さまが私を優しく抱きしめて、恋人にするみたいにキスしたので、私はメロメロになって、体に力が入らなくなった。

「可哀想に、こんなに震えて・・・。アイツが手出しできないように、あおいを俺付きのメイドにしてあげるよ。親父の方がよければ、親父にいってあげるけど、どっちがいい?」

ベッドに押し倒されて、乳首をいじられながらささやかれると、気持ちよさと嬉しさで涙が止まらなくなる。

「亨さまがいいですぅっ・・・私を亨さまのメイドにしてくださいませ・・・。」

「いいコだね。じゃ、今日からあおいは俺のメイドだ。俺以外のちんぽでは満足できないくらい、かわいがってあげるからね。」

亨さまのちんぽをおまんこに挿入された私は、ひっきりなしに悦びの声をあげた。

時々、角度を変えては、おまんこのいいところを刺激してくれる亨さまの硬くて太いちんぽ・・・。

これからは、いっぱいいっぱい、亨さまに抱いていただける。

そう思うと、私の体はいつも以上に敏感に反応して、亨さまを喜ばせた。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
7024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
103位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール