FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

いつもより・・・お兄ちゃんの・・・硬い・・・。

kinshin

近親相姦しているといっても、俺と妹の美佳はもう成人を迎えているし、避妊にもちゃんと注意しているから、誰にも迷惑をかけていないと思う。

親に孫の顔をみせてやれない可能性が高いのは、親不孝かもしれないが、近親相姦がタブーになっている現代の日本では仕方ないことだ。

俺も美佳も小さな頃から、お互い以外の異性には全く興味が持てなかった。

近親相姦でも普通に結婚できた時代に生まれていれば、何の問題もなかったはずなのに、俺達はツイてない。

一緒に暮らしている俺達のことを周りは仲のいい兄妹だと思っている。

ブラコン、シスコンなんて呼ばれることもあるが、近親相姦してるとは思われてないようだ。

たまに、お互いのことを紹介して、なんていわれることもあるから、近親相姦はツラい。
堂々と妹を自分のものだといえないのだから。

中でも俺の親友を自称する賢治は、しつこく美佳と付き合わせろといってくる。

高校生の時に遊びに来て以来、賢治はずっと美佳と付き合いたいといい続けていた。

合コンにも行かず、他の女に告られてもなびかず、執念深く美佳に片思いしているらしい。

俺と近親相姦している美佳は、彼氏がいないようにみえる。

もちろん、他の男とデートすることもない。

大学卒業間近になると、賢治はいよいよ美佳に猛アタックし始めた。

会う機会が減ってしまうからだろうけど、ムカついてたまらない。
俺はいとこの翔汰に助けを求めた。

翔汰は性格こそドSで陰険だが、ルックスは俺よりもよく、みるからに強そうな印象を与える。

実際、文武両道なのだが、女にモテるくせにゲイだった。

翔汰はゲイ、俺達は近親相姦と、親にいえない悩みを抱える者同士、妙な連帯感がある。

「ふーん。『美佳は俺の女だ!ちょっかいかけんな、このクソ野郎!』的なことをいえばいいのかな?」

翔汰はにやにやしながら、俺達に確認してきた。

どうやら面白がっているらしい。

「いや、翔汰は黙って美佳の横に座っていてくれたらいいよ。俺達の話に合わせてくれれば十分だ。」

「了解了解♪まかせてよ。」

愉しそうな翔汰に不安を感じながらも、俺は賢治を呼び出した。

ありえないくらいの早さでうちに来た賢治は、翔汰をみて愕然となる。

ま、ずっと片思いしてた女の子に、どうがんばっても勝てないような相手を彼氏だと紹介されたら、抜け殻のようになるのも当然だけど。

「信じない・・・俺は信じないぞ・・・彼氏だっていうなら、そいつとキスしてみせてよ・・・。」

往生際が悪い賢治は、拳を握り締めて、とんでもない要求をしてきた。

驚きで固まってしまった俺達を見ると、翔汰はにやりと笑って、美佳を抱きしめ、濃厚なディープキスをかました。

翔汰の舌が美佳の口の中で、ぐにょぐにょと蠢いている。

たっぷり五分くらいキスした翔汰は唇を離すと、美佳の唇の端を舌で舐めた。

「これで満足?」

馬鹿にしたような表情で、挑発的に翔汰がいうと、賢治は泣きながら走り去っていった。

「やりすぎだろ・・・あんなディープキスしなくても・・・。」

「童貞の坊やには、あれくらいみせつけてやった方がいいって。けっこう僕のタイプだったなあ。泣き顔なんて、ぞくぞくしたよ♪」

絶対コイツ、賢治を泣かせたかっただけだ・・・。

呆れながらも翔汰を送り出すと、美佳が泣きそうな顔で俺に抱きついてきた。

「お兄ちゃん、怒ってない?抵抗しようかと思ったけど、彼氏じゃないってバレたら困ると思って・・・。」

「俺が美佳に怒るわけないだろ。でも、他の男とディープキスした口は消毒しなくちゃな。」

俺は美佳にディープキスしながら、服の下に手を入れた。

「ぅんっ・・・お兄ちゃん・・・ベッドに行こ・・・。」

おっぱいをまさぐられた美佳は、顔を真っ赤にしている。

俺達は美佳の小さなベッドで、しっかりと抱き合った。

こうやって裸で抱き合っていると、一緒にいられるしあわせを心の底から実感できる。

「お兄ちゃん、何もしなくていいから、もうきて・・・。」
美佳が切なそうに挿入をねだってきた。

おまんこを触ってみると、ホントに挿入できそうなくらい濡れている。

「俺の目の前で翔汰にキスされて興奮したのか?」

「違うよぉっ・・・そうじゃないけど・・・。」

否定する美佳をちょっとからかってから、俺はちんぽにコンドームをつけて、美佳のおまんこに挿入した。

「いつもより・・・お兄ちゃんの・・・硬い・・・。」

「美佳のおまんこだって、いつもより熱くてうねってるぞ?」

俺達はお互いの体を貪り合いながら、激しくディープキスする。

美佳が一度絶頂に達して、俺ももうそろそろイこうかというところで、俺の携帯が無粋な着信音を鳴らした。

翔汰からの電話なので、俺は仕方なく、美佳と繋がったまま電話に出た。

「何?今、忙しいんだけど・・・。」

「あ、やっぱり、ヤってた?ゴメンねえ。あのさー、賢治くん、ヤっちゃっていいかな。」

「はあ?何いってんの?」

「いやー、待ち伏せされて殴られそうになったから、反射的に反撃したら気絶したんだよね。あんまりおいしそうだから、僕んちまでお持ち帰りしちゃったー。僕がヤっちゃえば、このコ、もう美佳ちゃんに迷惑かけないと思うよ?」

「・・・どうせダメだっていってもヤるんだろ?」

「うーん。裸にして縛り上げてあるから、今から何もしないで解放するのはムリかなー。撮影の準備もできてるしね♪」

「俺はきかなかったことにしてくれ。」

ほんの少しだけ、賢治に同情しながら、俺は電話を切った。

快感でぼんやりした表情の美佳が、続きをせがむように俺に両手を伸ばしてくる。

美佳の腕に抱きしめられた俺の頭の中からは、もう賢治の存在なんて消えてしまっていた。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
80位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール