FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

痛い思いをしたくなければ、おとなしくフェラチオしろ。

kounaihassya

一人目の男が口内発射すると、その精液を飲み下す前に違うちんぽが挿ってきた。

私の周りには勃起したちんぽを露出した男達が群がっていて、いつになったら解放されるのか、終わりがみえない。

両手と舌を使って、なんとか口の中のちんぽを射精させようとする。

この状況に興奮しているらしい男は、あっさり口内発射した。

ねばっこい精液がのどに絡みついて、水が飲みたくてたまらない。


口内発射したちんぽが口から出て行くと、すぐにまた違うちんぽが口にねじ込まれた。

どうやらこの男達を満足させない限り、私は水も飲ませてもらえないみたいだ。

私は仕方なく、口の中のちんぽを扱きたてた。

夜中にちょっと小腹がすいて、ふらりとコンビニに行ったのが間違いだったんだと思う。


後ろからきこえる足音に振り返るよりも早くスタンガンを首筋に押し当てられて、私は気絶した。

意識を取り戻したら、裸にされていて、ちんぽを勃起させた男達に囲まれていた。

「痛い思いをしたくなければ、おとなしくフェラチオしろ。」

といわれて、いやいやながらフェラチオしている。

でも、きっとフェラチオが終わったら、犯されるんだろうな。


こんな人数で輪姦されたら、私、壊れてしまうかもしれない。

考えれば考えるほど、背筋がぞっとして、鳥肌が立ってくる。

道を歩いている女を拉致るような男達なんだから、何をしてもおかしくない。


せめて、どうにか五体満足でおうちに帰りたい。


「お嬢ちゃん、フェラチオに集中しないと、いつまでも終わらないよ?」

私にフェラチオさせていた男が、私の頭に手をのせて、声をかけてきた。

ぐっぐっと頭を押さえつけられて動かされると、苦しくてたまらなくなる。

イマラチオされたのは初めてだったから、必死で息をして、男が口内発射してくれるのを待った。

のどの奥の方で、精液がはじけた。

鼻にまで逆流してきそうになって、咳き込みそうになるのを一生懸命に堪える。

私が口内発射された精液を飲み干すのを確認して、ようやくちんぽが口から出て行った。


幸い、次のちんぽがねじ込まれることはなかったので、思う存分、咳き込んで新鮮な空気をいっぱい吸い込んだ。

「さて。三人分のちんぽをフェラチオしたところで、お嬢ちゃんにチャンスをあげるよ。100数える間にここから逃げられたら、そのままおうちに帰っていい。」

最初にフェラチオした男がいうと、私の周りにいた男達は不満そうな声をあげた。

でも、ぎろっと男が睨むと、ぴたりと黙り込む。

この男がこの人達のリーダーみたいだ。

「あの・・・服とかお財布は・・・返してもらえないんですか?」

裸で逃げるのは恥ずかしいので、おそるおそるいったら、

「どこかにあるから、自分で探すといい。その分、逃げる時間は減るけどね。」
男は愉しそうに答えた。


私は裸で逃げる決意をして、男が数を数えるのを待った。

「行くよ。いーち!」

カウントがきこえた瞬間、猛ダッシュした。

重いドアを開けて、外に出て、死に物狂いで走る。

のどがひりひりして、呼吸が上手くできない。

ここはどこかの港の倉庫街らしく、人が全くいないし、もし人がいてもうかつに助けを求められないと思った。

夜だとはいえ、外を裸で走るのはとても恥ずかしい。

でも、それどころじゃない。


必死で走り続けて、どうにか倉庫街を出られそうになったところで、長身の男に捕まってしまった。

「残念だったな。これでアンタは俺のものだ。」

男の肩に荷物のように抱えあげられて、さっきの倉庫の中に戻される。

どんなに暴れても、男はびくともしなくて、私はあっさり連れ戻されてしまう。


「智也に捕まったのか。ツイてないねえ。で、智也、どうするんだ?」

「・・・俺が独り占めさせてもらいます。」

智也の答えに他の男達がブーイングした。


「ま、約束だから仕方ないな。あんまり無茶して壊すなよ?」

リーダーらしい男は肩をすくめると、智也と私を残して、他の男達と一緒に出て行った。

人数が減ったのは嬉しいけど、智也一人で充分すぎるほど威圧感がある。

私が怯えて体を固くしていたら、智也が勃起したちんぽを取り出した。


「俺のちんぽもフェラチオしてくれ。」

智也のちんぽは、今までみたこともないくらい大きかった。

口の中に含むだけで、口が目一杯に開いて、顎がダルくなる。


手と舌をせっせと使って、智也のちんぽを刺激していると、智也のちんぽが一層、大きく硬くなった。

あ、くると思った瞬間、大量の精液が私の口に溢れた。

口内発射された精液が飲みきれなくて、口の端から垂れる。


「足、開け。」

智也に命令されて、私は恐々、足を開く。


てっきり乱暴にされると思ったのに、智也はやさしく私のおまんこをクンニして、太い指でゆっくりと拡げた。

指が三本も挿って、おまんこがすごく拡がったと思ったのに、智也のちんぽを挿れられたら、ちょっと痛かった。


それでも、慎重に腰を振られているうちに、段々、痛みが気持ちよさに変わっていって、智也のちんぽの大きさにおまんこが慣れてしまうと、快感で何度も意識がとびそうになる。


あえぎすぎた私の声は、すっかり枯れてしまった。


その後、私は智也のうちに連れて行かれて、一週間くらい監禁された。

智也に犯されることにも慣れて、もうこのままここにいてもいいかなと思い始めた頃、智也は私を解放した。


私に飽きたのかもしれないし、かわいそうに思ってくれたのかもしれない。

あの時、智也とちゃんと話していれば、こんなに後悔することもなかったのかも。
10年以上経った今でも、あの頃の夢をみる。

そして、目が覚めると、がっかりしている自分に気がつくのだ。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
66位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール