FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

まずはローションで手コキしてあげるね。

fella0007

女友達の真由美は、すぐに男と別れては、泣きながら俺に電話してくる。

俺がもう何度目になるかわからないグチと泣き言をきき、慰めているうちに、失恋の傷は癒えるらしく、あっという間に他の男と付き合う。

そして、また別れる・・・の繰り返し。

しばらく連絡がないなと思っていたら、またしても深夜に電話がかかってきた。


「フラれちゃったぁっ!あたしがエロすぎるのがイヤなんだって!」
酔っているのか、真由美はろれつが回っていない。

「『風俗嬢だったんだろ?』とかいわれたんだよー?ありえなくない!?」

「一体どんなことしたんだよ?」

「えーとね、ローション使って手コキ?あと、フェラチオもフツーにしたけど、そんくらいだよぉ。」

「あー、フツーの女はローション使って手コキとかあんましねえし。どうせフェラチオもすげー上手かったんだろ。」

「やってあげた時は、すっごい気持ちいいって悦んでたくせにさあ、後になって、エロすぎて引くとかいうんだよ!ヒドいよね!」

「うん、ヒドいな。でもさ、いっつもそれでフラれてるんだから、ヘタなフリすりゃいーじゃん。」

「だってぇ、気持ちよくしてあげたいんだもん。感じてるのみると、あたしも興奮するしさあ。」

俺が的確なアドバイスをしてやっても、真由美は不満そうな声を出す。

「なら、アレだ。遊び人で多少のテクじゃ引かないような男を選べ。」

「えー!遊び人はイヤ・・・なんか性病とかもってそうじゃない?浮気されんのもムカつくと思うし。」

「ワガママだなあ。だったら、俺にしとけば?今さら真由美がエロいぐらいじゃ引かないからさ。」

いいかげん眠かったので、冗談でいったら、

「うん。そうする!よろしくね。」
なんて返事が返ってきた。

驚いたけど、真由美はかわいいし、一緒にいて愉しいから俺としても断る理由はない。

なりゆきで付き合うことになった翌日、さっそく真由美のうちに呼ばれた。


「なんかさあ、徹と付き合うとか、ヘンな感じだよね。」

ちょっと照れながら、真由美が体を寄せてくる。

「まーな。正直、まだ実感ねーけど・・・。」

そんなことをいいつつ、真由美の体に手を回すと、真由美の方からキスしてきた。
すぐに俺の口の中に舌が入ってきて、ぐねぐねと動く。

うーん。
確かにかなり積極的だよな。

俺も負けずに真由美の舌に自分の舌を絡めて、服の上からおっぱいをまさぐった。

「んっ・・・ふっ・・・ねっ・・・しよ?」
真由美はすっかりその気になっているらしい。

いつもの俺なら、セックスするまでもっと時間をかけるんだけど、真由美は元々の付き合いが長いし、ヤってもいいかと思った。

「そうやって自分から誘ったりするから、淫乱だって思われるんだぞ?」

苦笑しながら真由美の服を脱がせると、すねた顔をした真由美が自分でブラジャーをはずした。
形のいいおっぱいがあっさりと剥き出しになる。

いくら付き合いが長くても、真由美のおっぱいをみたのは初めてだったので、ちょっと興奮した。


「巨乳だとは思ってたけど、形もきれいだな。美乳じゃん。」
「そう?嬉しい・・・。」

嬉しそうにしながらも、真由美はどんどん服を脱いでいく。

スカートとストッキング、パンティまで自分で脱いで、俺の服まで脱がせようとしてきた。


「自分で脱ぐからいいよ。積極的にもほどがあるだろ。」
「だってぇ、待ちきれないんだもん。」

トランクス一枚になると、真由美が俺にとびかかってきて、ベッドに押し倒した。

「なんだよ。攻めるのが好きなのか?」

「うん。気持ちよくしてあげるから、いいでしょ・・・。」

真由美は興奮で頬を紅潮させていて、目もとろんとしている。


それほど女性経験豊富じゃない俺は、真由美を満足させる自信もなかったし、好きにさせることにした。

「いいよ。好きにしな。」

「わーい♪じゃ、まずはローションで手コキしてあげるね。」

俺がオッケーすると、真由美は嬉々としてローションを取り出した。

手のひらにローションを垂らす様子といい、手コキする時の手つきといい、素人とは思えないほど手馴れていて、真由美を風俗嬢だと思った男の気持ちがよくわかる。


真由美の指は信じられないくらい器用になめらかに動いて、俺の快感を引き出していく。

俺のちんぽを手コキしながら、真由美は乳首を舐めてきた。

「くすぐったいって・・・。」

体をよじって抵抗しても、乳首を舐めるのをやめない。


「こうやって手コキと一緒に乳首を開発すると、そのうち、乳首だけでも感じるようになるんだって。」

真由美は手コキで俺をイかせる気はないらしく、イきそうになる寸前で手の動きを緩める。

「もうっ・・・ムリだって!イきたい・・・。」

「んー。まだダメ・・・もっと徹の感じてるところみたいもん。」

玉袋を揉みながら、真由美がにやりと笑う。


「フェラチオだってしてないし、アナルもいじってないでしょ。」


そう宣言すると、真由美は俺のちんぽを口の中に収めた。

それだけでイってしまいそうなのに、根元をキツく握られていて、射精することができない。

気がついたら俺は、女のようなあえぎ声を漏らしていた。


「イかせてくれ・・・気持ちよすぎて・・・おかしくなるっ・・・。」

「おかしくなっていいよ。もっと感じて?」

強すぎる快感とイきたくてもイけないもどかしさで、涙がにじんできた。

「うふっ・・・徹って、敏感なんだね。」
真由美は心底愉しそうに囁きながら、俺の涙を舐め取る。

若干、付き合うといったことを後悔しつつも、俺は押し寄せる快感の波にさらわれていった。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
80位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール