FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

ホントに潮吹きさせてくれたら許してあげる。その代わり、潮吹きできなかったら、全裸で構内を一周してもらうから。

shiofuki1

大学に入った私は、ヘンな男に付きまとわれるようになった。

「ねー、美咲ちゃん、俺とヤろう!潮吹きさせてあげるからさあ。」

何度断ってもしつこくついてきては、人目もかまわず、ヤろうとか潮吹きさせるとかいってくる。

おかげで潮吹きなんていうアダナをつけられた私は、高校のときから付き合っていた彼氏にフラれてしまった。

自分の彼女が潮吹きなんていわれてたら、彼氏としては恥ずかしいよね。

「お前の彼女、ホントに潮吹きなの?」
とかからかわれたらしいし。

当然、私の怒りは潮吹き、潮吹きいってきた男に向けられた。

「どういうつもりよ!?いいかげんにしてよね!」
泣きながら責めると、男は申し訳なさそうな顔をして、

「ごめん。悪気はなかったんだ・・・。付き合ってくださいって普通にいうより、インパクトあるかと思ってただけで。」

「確かに、インパクトあったわよ。潮吹きだもんね。」

「ホントにごめん。何でもするから許してよ。」

男があんまりすまなそうにしているので、許してもいいかなって気になってきた。

「じゃあ、ホントに潮吹きさせてくれたら許してあげる。その代わり、潮吹きできなかったら、全裸で構内を一周してもらうから。」
男が割と好みの顔をしていたので、私はホントに潮吹きできるか試してみることにした。

彼氏とは別れたから、もう浮気にはならないし。

ラブホテルで裸になって抱き合うと、モトカレとは違うたくましい体にちょっとうっとりしてしまった。

「あのさ、俺、恵介っていうんだよね。できれば、名前呼んでほしいな。」
照れたように笑いながら、恵介が頼んできたので、

「気持ちよくなったら、呼んであげる。」
と答えた。

恵介がすごく真剣な顔でキスしてきて、唇の間から舌が入ってきた。

モトカレとしかキスしたことなかったから、キスってこんなに人によって違うんだってびっくりしちゃった。

なんかすごくいやらしい感じの唾液をいっぱい交換するような激しいディープキスをしながら、恵介の手がやさしくおっぱいをさわっている。

乳首の形を確認するように、指先が乳首をしごく。

モトカレより上手かも・・・。


私は心の中で、恵介とモトカレを比べていた。

唇と舌が首筋から鎖骨、おっぱいへと下がっていって、透明な唾液のラインを作る。

さっきいじられたせいで敏感になっていた乳首は、しゃぶられるととても気持ちよくて、おまんこがきゅんとなってしまった。

足を広げられて、おまんこの前に顔を寄せられると、恥ずかしさで体が熱くなる。

すでに愛液がこぼれだしている私のおまんこを恵介の舌はなんのためらいもなくクンニした。

シャワーを浴びてないおまんこをクンニされるのは初めてで、ヘンな味がしないか、臭くないか、すごく不安になる。

「美咲ちゃんのおまんこ、おいしいよ。」

恵介がおまんこをクンニしながら、私の顔を見上げた。

時々、ずずっと愛液をすすってみせるのが、すごく恥ずかしい。


じっくりクンニして濡らしたおまんこに、恵介は指を挿入した。

すごくゆっくりと慎重に指を挿れられて、指先でおまんこの奥を細かい振動でこすられる。


初めて感じるような強い快感がおまんこの奥から湧きあがってきて、私は恵介の指をぎゅっとしめつけた。

「すごくキツいよ・・・。熱くてとろけそうになってる。」

恵介が興奮したような声でいいながら、私のクリトリスを舌先で舐めた。


おまんこの奥をこする指も気持ちよくて、私はすぐにイってしまった。


一度イった後のおまんこに、恵介は二本目の指を挿入して、今度はもっと激しくおまんこの奥を刺激しはじめた。

さっきよりも激しい快感がどんどん強くなってきて、頭の中がちかちかしてくる。


「やっ・・・またイきそう・・・。」

「いいよ。何度でもイって。」


恵介が嬉しそうにいいながら、ますます指の動きを早めた。

「んんっ・・・なんかおしっこ漏れちゃいそうだから、やめて・・・。」

おまんこをこすられすぎたせいか、私はおしっこしたくなってきた。

「おしっこ漏らしてもいいから、もっと感じて?」


恵介が指の動きを止めてくれないので、おしっこしたい感じはますます強くなってくる。

「やだっ・・・出ちゃう・・・出ちゃうよぉっ!」
ぶしゅっという音と共に、おしっこがもれた。

恵介は恥ずかしくて泣いてしまった私をぎゅっと抱きしめて、


「今のが潮吹きだよ。これで、付き合ってくれるんだよね?」
なんていってきた。

なんか最初の約束とは違ってるような気がしたけど、恵介の前戯があまりにも上手だったので、付き合ってもいいかなって思っちゃった。


「じゃあ、ちんぽ挿れるね。」

恵介ははりきって、私のおまんこにちんぽを挿入する。


それほど大きくはないけど、硬くて長い恵介のちんぽは、とろけそうになっていた私のおまんこをじらすようにゆっくりと責めた。

「美咲ちゃんのおまんこの中、すっごい気持ちいい・・・。」

「恵介・・・もうイかせてよぉ・・・。」

私が名前を呼ぶと、おまんこに挿っていた恵介のちんぽは硬く大きくなった。

激しくおまんこをこすられて、私は何度も恵介の名前を呼びながら、イってしまった。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
66位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール