FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

私、手コキが得意なのよ。

tekoki2

耳元で甘くささやきながら、綾子さんがズボンの上から俺の股間をすりすりと撫でた。

興奮しやすい俺のちんぽは、そんなささいな刺激で、すぐに勃起してしまう。

「あの・・・でも、ここじゃ、ちょっと・・・。」

綾子さんは上司の奥さんだし、車の中とはいえ、まだ明るくて人通りもあるし、俺はどうにか抵抗した。

肩に押し付けられているやわらかいおっぱいの感触も、香水のいい香りもたまらない・・・。

けど、上司の奥さんと不倫したのがバレたら、俺は身の破滅だ。

「ここがイヤなら、ラブホテルでも行く?それとも、うちに来る?夫婦の寝室で、上司の妻を寝取るのもオツなものよね。」

きれいで上品な顔をしているくせに、綾子さんときたら、えげつないことを平気でいってくる。

手コキするだけなのに、ラブホテルや自宅に行く必要はないから、ヤる気満々なんだろう。

「移動しないなら、ここで手コキの腕を披露しちゃうわよ?」

手コキのはずなのに、綾子さんはなぜかいやらしく唇を舐めてみせた。

ああ・・・もう・・・どうにでもなれ・・・。

俺は車を急発進させ、一番最初にみつけたラブホテルに入った。

「徹くんってば、私が誘惑しても、いつも無視するんだもの。」

もうあとちょっとで、部屋だというのに、ラブホテルの駐車場に停めた途端、綾子さんが抱きついてきた。

「私をじらすなんて、悪い子・・・。」

綾子さんの唇がぶちゅっと俺の唇に押し付けられて、唇の間から舌をねじ込まれた。

やっとラブホテルに着いたのに、どうして車の中で、恋人同士みたいにディープキスしなくてはならないのか。

セックスしたいだけの俺にとっては、不倫ごっこなんてどうでもよかった。

「早く・・・部屋に入りましょう。」

ムリヤリ唇を離して、俺がいうと、綾子さんはうっとりとした目で俺をみつめて、

「せっかちね。大人はムードも大切にするものよ。」
なんてほざいた。

うう・・・なんか後々、面倒なことになりそうだし、今からでも逃げ出そうかと思ったのだけど、ヤらないと逆にこの女の恨みをかって、大変なことになってしまいそうだ。

誘いにのってしまったことを早くも後悔しながら、俺はさっさと車から降りた。

綾子さんもおとなしく、俺の後をついてくる。

こうなったら、さっさとヤって、これっきりにするぞ!

ドアを開けて、中に足を踏み入れた瞬間、後ろから抱きつかれて、押し倒された。
あ、あっぶねーな!

怪我するだろ!

あやうく床に勃起したちんぽを強打しそうになって、思わず、綾子さんを睨みつける。

「うふふ。食べられちゃいそうな怖い顔・・・興奮してるのね。」

相変わらず、この女は自分に都合のいい勘違いをしているようだ。

「あの・・・とりあえず、シャワーとか・・・せめて、ベッドに移動しましょうよ・・・。」

呆れつつ、俺がまっとうな提案をすると、綾子さんはどうにか仰向けになった俺に跨って、服を脱ぎだした。

イヤイヤ、どんだけ飢えてんだよ・・・。

美人だし、巨乳だし、男には不自由しなさそうなのに、綾子さんは若い俺よりがっついている。

手コキがどうこういっていた割に、俺に跨っている綾子さんにはもうそんな余裕はないらしく、いそいそと裸になると、俺のトランクスをズラして、いきなりおまんこにちんぽを咥えこもうとしてきた。

うぉいっ!

前戯なしで入るのかよ・・・と思ったら、なんともすんなり入ってしまった。

ここに来るまでの間に、興奮で濡れていたのか、綾子さんのおまんこは、ほどよくぬめっていて、奥まで一気に俺のちんぽを咥えこんだ。

なんか、ちょっと緩いような?

いや、それより、生で入っちゃってないか!?

「待ってくださいよ!コンドーム!コンドームつけなくちゃ・・・。」

結合部を丸出しにして、腰を振る体勢になっていた綾子さんは、わずらわしそうに眉を寄せた。

「ああ・・・今日は安全日だから、大丈夫。」

ウソくせえ・・・。
絶対、ウソだ。

しかも、騎乗位だと膣外射精すらできない!

「いや、ダメですって!ここじゃ、やっぱり、腰が痛くなりますから。」

「もう待てないの!生で中出しの方が気持ちいいじゃない。」

一時の快楽に、全てを失う可能性を賭けるほど、俺はギャンブラーじゃないし。

「コンドームを使わせてくれないなら、俺、帰ります。」

断固とした口調で拒絶したら、どうにか諦めてくれた。

全く、普通は、生で中出ししたがるのは、男の方だと思うんだけど・・・。

ちんぽにまとわりついている愛液をティッシュで拭って、しっかりとコンドームをつけた。

特に、騎乗位でなきゃダメというわけでもないらしく、綾子さんはよつんばいになって、バックからの挿入をせがんでくる。

コンドームをつけたせいか、バックという体位がよかったのか、さっきよりはキツく感じられた。

腰を振ると、ぱんぱんという音が静かな部屋に響く。

「ああっ・・・徹くんっ・・・上手よ・・・もっと・・・もっと激しく突いて・・・。」

なんていうか、俺はハデにあえぐ女より、あえぎ声を必死で堪えるようなタイプが好みだ。
いろいろ注文をつけられるのも、ひどく萎えた。

とりあえず、いう通りにしているうちに、どうにか綾子さんがイってくれたので、すぐに俺も射精をすませて、セックスを終える。

「気持ちよかった・・・でも、まだできるわよね。」

欲望で目をギラリと光らせて、綾子さんが俺に抱きついてきた。

ああ、「手コキが上手い」とかいってきたのをもっと上手くかわしていれば・・・。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
80位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール