FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

無職引きこもりの俺は、兄嫁の加奈子を強姦してやることにした。

goukan


子供の頃から、ずっと優等生でいた俺が彼女すらいないのに、どうしようもない三流高校しか出てない兄貴に、あんなかわいくて巨乳の嫁がいるなんて、間違ってる。


強姦っていっても、最初だけで、加奈子だってすぐに俺とのセックスの方がよくなるに違いない。

そうなれば、もう強姦じゃなくて和姦だ。


家庭内不倫を愉しみながら、こっそり寝取られ兄貴を嘲笑ってやるのは、きっと最高だろう。

加奈子と俺は、平日の昼間は二人きりになるので、強姦するチャンスはいくらでもある。


むしろ、何の警戒もしてない感じなのが、俺を男だと思ってないみたいでムカつく。

加奈子に抵抗されて、強姦が未遂に終わるといけないので、睡眠薬をちょっぴり飲ませて、一時的に意識を失わせることにした。

昼食にこっそり混ぜた睡眠薬が効いたのか、加奈子があくびをしながら兄貴達の寝室に入っていく。

しばらく時間をおいて、加奈子が完全に寝付くのを待ってから、俺は足音を忍ばせて、夫婦の寝室のドアを開けた。

すーすーと寝息を立てている加奈子は、しっかりと眠っているみたいで、目を覚ます気配はない。

あとで慌てないように、下半身だけ裸になって、逸る気持ちを抑えつつ、強姦を開始した。


Tシャツをまくりあげ、スポーツタイプのブラをズラすと、何度も妄想していた巨乳が露わになる。


すぐにでもしゃぶりつきたい気持ちを堪えて、加奈子の意識がないうちに、スカートとパンティを脱がせた。

目が覚めても抵抗できないように、たんすからストッキングを出して、両手を縛り、ベッドの脚に括っておく。


強姦のための準備が整ったところで、やわらかな巨乳を両手でつかんで、じっくりと感触を愉しんだ。

兄貴のやつ、こんな素晴らしい巨乳を今まで独り占めしていたのか!

乳首だって、かわいいピンク色で、意識がないくせに、勃起してるじゃないか。


久しぶりの女の体に興奮した俺は、じゅるじゅると乳首をしゃぶって、巨乳の間に顔を埋めた。

気が済むまでおっぱいを愛撫した後、脚を左右に大きく開かせて、おまんこを至近距離で凝視する。

愛液で濡れていやらしく光っているおまんこは、薄いサーモンピンクで、クリトリスがぽっちりと膨らんでいる。

舌先でちろちろとクリトリスを転がしてやると、ぴくんと体が震えた。

反応のよさに気をよくして、夢中になってクンニしていると、ついに加奈子が目を覚ました。


緊張でどきどきしながらも、クンニを続ける。

「ん・・・えっ・・・和人さん!?どうしてこんな・・・。」

ベッドに両手を拘束されて、義理の弟である俺に、おまんこをクンニされているという状況に気がついた加奈子は、必死で抵抗をはじめた。

「お願い・・・こんなことやめて・・・今だったら、誰にもいわないわ。」


あまりにも加奈子がうるさくて気が散るので、予定より早いけど、おまんこにちんぽをぶち込んでやることにした。

加奈子の方からちんぽをねだってくるまで、前戯でイかせまくって、俺の性奴隷にしてやるつもりだったんだが、今日は初回だし仕方ない。


先走りでぬるつく亀頭をおまんこにあてがうと、加奈子は悲鳴をあげた。

どうせもうちんぽがほしくてたまらないんだから、嫌がる演技とかしなくていいのに。


愛液で濡れたおまんこは、俺のちんぽをすんなりと受け入れた。

脚を折り曲げるようにして、最奥を突いてやりながら、俺は唾液をたらして、加奈子に飲ませてやろうとした。

あえぎ声を漏らしながらも、加奈子は左右にいやいやと首を振って、俺の唾液を口に入れないようにしている。

だんだん、いらいらしてきたので、おまんこの奥までちんぽを突っ込んだまま、腰を振らずに、乳首を思いっきりしゃぶってやった。

ちんぽを動かさずに、乳首を交互に愛撫してやると、

「もうっ・・・いやぁっ・・・乳首ばっかり責めないで・・・早く動いて・・・。」
耐え切れずにねだってきた。


「これからも俺とセックスするなら、ちんぽ動かしてやるよ。」

せっかく俺が親切にいってやってるのに、加奈子ときたら、唇を噛みしめて、耐えてやがる。


「俺とはヤりたくないんだな。だったら、ちんぽ抜いちまうぞ。」
じりじりとちんぽを引き抜くと、引きとめるように膣壁が絡みついてくる。

ちゅぽんとおまんこからちんぽを抜くと、中途半端なところでやめられた加奈子は、やっと素直になった。


「・・・します。これからも・・・和人さんとセックスしますから・・・。」

「なら、俺の唾液を飲んでみせろよ。」

加奈子の顔の上から、たっぷりと唾液をたらしてやると、今度はちゃんと口を開いて受けとめた。

ちゃんと俺の唾液を飲み下すのを確認してから、おまんこにちんぽを挿入してやる。


「これで加奈子は俺の性奴隷だ。兄貴のちんぽより、俺のちんぽの方がよくなるように、しっかり躾けてやるからな!」

両足を肩に担ぎ上げて、ずんずん突いてやると、加奈子はハデに喘ぎながら、おまんこを何度も収縮させた。


「加奈子、お前、ご主人様に断りなく、イったな!」

乳首をつまんでひねりあげてやると、加奈子はひいひい泣きながら、謝ってきた。


「これからはご主人様の許可なしにイくなよ!」

俺もこれ以上はもちそうになかったので、ラストスパートをかけると、

「イきますぅ・・・またイっちゃいます・・・ああんっ・・・ご、ご主人様ぁ・・・。」
加奈子がすがるように俺をみつめる。


「いいぞ!イけ!中出しされて、イっちまえ!」

俺が中出しすると、おまんこがひくんひくんと収縮を繰り返して、めちゃくちゃ気持ちよかった。


念のため、強姦した後の写メを撮ったのが役に立って、加奈子は俺の性奴隷になった。

従順な性奴隷がいるおかげで、俺の毎日は薔薇色だ。

関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
7024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
103位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール