FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

巨乳のAV女優がパイズリしているのをみながら、オナニーしてたら、姉貴が突然、俺の部屋に入ってきた。

paizuri3

「やらしー。アンタでもパイズリされたいとか思ってるんだー。」

AVとオナニー中の俺の勃起ちんぽを見比べるようにしながら、冷やかすようにいってくる。

「どうだっていいだろ。オナニーしてんだから、出てってくれよ!」

オナニーをみられた恥ずかしさで俺が怒鳴ると、姉貴は上に着ていたタンクトップを脱いで、巨乳を丸出しにした。

家で俺と二人きりになると、ノーブラにタンクトップ、ショートパンツ姿でうろつく姉貴のせいで今日もオナニーするハメになっていた。


AV女優と比べても遜色ないくらい立派な姉貴の巨乳は、乳首もかわいいピンク色をしていて、とてもやわらかそうだった。

「アンタ童貞だから、どうせおっぱいもさわったことないんでしょ。さわらせてやってもいいわよ。」
自分の両手でおっぱいを揉んでみせる姉貴に、俺はちんぽをさらにびんびんにしながらも、戸惑っていた。

俺をいじめるのを趣味のようにしている姉貴のことだから、俺が誘いにのって、おっぱいに手を伸ばした途端、

「本気にしたの?ばっかみたい。近親相姦とかキモいし。」
とか吐き捨てるようにいいかねない。

顔とスタイルだけなら、アイドル並にかわいくて、いつも羨ましがられるが性格は最悪の女なのだ。

「ほらぁ。パイズリ、したいんでしょー?」

姉貴が俺の足元に座って、唇をぺろりと舐めた。

ほんの少し、手を伸ばせば、今までこっそりと盗み見てきた姉貴の巨乳に手が届く・・・。

俺が理性と必死で戦っていると、姉貴が俺の手をとって、おっぱいにさわらせた。

や、やわらかい・・・。

弾力があって、すべすべでそれでいて、やわらかい。

一度さわってしまうと、ついもみもみと手が勝手にもんでしまった。


ちょっと赤くした顔でにやにやしながら、姉貴が俺をじっとみている。

「どう?やわらかくて気持ちいいでしょ。」

「すごい・・・おっぱいはやわらかいのに、乳首はまるでグミみたいだ・・・。」

親指と人差し指で乳首をつまんでこねるようにすると、姉貴が眉を寄せて、ちょっと恥じらうような表情をした。

俺ははじめてみる姉貴の恥ずかしそうな態度に興奮して、乳首を口に含んだ。

ちゅうちゅう吸ってみたり、舌で転がしてみたりすると、姉貴は両手で俺の頭を押さえて、弱々しく抵抗してきた。

「ダメ・・・乳首吸ってもいいなんて、いってないっ・・・。」

「そんなこといって、もうおまんこ濡らしてんじゃねーの?」

ショートパンツに手を突っ込んで、指をパンティの中へと潜らせた。

指先がぬるりとしたおまんこにふれると、自分でいっておきながら、驚いてしまった。


いつもキツくて、俺をいじめてばかりいる姉貴が俺に乳首をしゃぶられておまんこ濡らしてるんだ・・・!

「さっきから俺のちんぽみてたんだから、姉貴もおまんこみせてくれよ。」

姉貴が返事をする前に、ショートパンツとパンティをまとめて膝まで下ろした。


「あ、そーだ。パイズリしてくれるんだっけ?」

「そんなこといってない・・・。」

ベッドの上に姉貴の体を抱え上げて、足から邪魔な下着を剥ぎ取った。

実の弟の前で全裸にされて、ベッドに仰向けになった姉貴は妙におとなしくて、俺のいいなりだった。

まずは脚を強引に開いて、はじめてみるおまんこをじっくり観察する。

おまんこを左右に拡げて、ふうっと息を吹きかけたり、指先でなぞってみたりしてると、あえぎ声を堪えているらしい姉貴が震えるのが愉しくて、つい夢中になってしまった。


クリトリスを軽くこすって、姉貴が感じていることを確認すると、思いきって舐めてみた。

クンニするのははじめてだったけど、AVで勉強した通りに上下に舐めて、じっくりクリトリスを舌先で転がしていたら、姉貴が体を仰け反らせた。

「イっちゃったの?弟にクンニされてイくなんて、淫乱だよねー。」

俺は姉貴に跨って、おっぱいにばきばきになっているちんぽをはさんだ。


「ほら、自分でおっぱい動かしてくれないと、パイズリにならないよ。自分だけイったらそれでいいわけ?」

ぐったりとしている姉貴の手を自分のおっぱいに添えさせて、ゆっくりと腰を振って、ちんぽをおっぱいで摩擦する。

苦しそうな姉貴の表情が俺の興奮を高めて、もっと姉貴をいじめてやりたくなった。

「クンニしてイかせたんだから、姉貴も俺のちんぽ咥えてくれよ。フェラチオしろとはいわないから、亀頭だけ口に含んでみて。」


姉貴は意外と素直に口を開いて、先走りでぬるぬるに濡れている俺のちんぽの先っちょを咥えた。

あったかい口の中に包まれて、舌が自然に気持ちいいところをくすぐって、たまらなくイイ。

姉貴の口で咥えられたちんぽは、パイズリの気持ちよさも加わって、すぐに暴発してしまった。


口内発射するつもりはなかったので、ヤバいと思ったけど、気持ちよさで下半身がしびれて、動きたくない。

口にちんぽを突っ込まれたままの姉貴は苦しかったらしく、俺の精液をごっくんと飲んでしまった。

それからというもの、何か気に障るようなことをいわれたときには、姉貴の耳元で、「近親相姦」とか「パイズリ」とささやくことにしている。

途端に、姉貴がびくっと体を震わせておとなしくなるのは、何回やっても気分がいい。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
66位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール