FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

彼と別れてエッチしなくなったら、体がうずいて、オナニーじゃおさまらなくなってしまったっていうか。

秘密のセフレ探し
私がlivedoorワイワイシーを使ったのは、すっごい月並みなんだけど、失恋してさみしかったから。

三日に一回は別れた彼とエッチしてたから、彼と別れてエッチしなくなったら、体がうずいて、オナニーじゃおさまらなくなってしまったっていうか。

半年くらいずっと週二ペースでエッチしてたんだもん。

急にエッチしなくなったら、私のおまんこだって、さみしくなるよね。
だから、出会い系に書き込んでみた。

そしたら、すっごいいっぱいメッセージがきて、みるだけでも大変だった。

その中から、年齢と住んでるところが近くて、文章が丁寧な人を選んで、何人かお返事を書いた。
たくさんのメッセージの中には、「俺とセフレになりませんか」とか「絶対イかせるよ」とか、「俺のちんぽでかいぜ」とか、頭おかしいんじゃないのっていう感じのもあって、かなりやだったけど、普通のメッセージもたくさんあって、モテてるような気分を味わえた。


何人かとメールをやりとりするようになって、元彼との話をきいてもらってるうちに、2コ上の社会人の男性に会ってみたくなった。

学校と家の中間くらいの距離のロッテリアで待ち合わせたんだけど、彼は思ってた以上にかっこよくて、はっきりいって、元彼よりもイケメンだった。


「・・・裕子ちゃん?」

「祐二さんですか?」


目印の赤いかばんをちらっとみて、声をかけてくれた祐二さんは、スーツ姿が大人っぽくて、さわやかな人だった。


二人でコーヒーとポテトをつまみながら、私はやたら緊張しちゃって、祐二さんの顔をまともにみられなかった。


「裕子ちゃんって、想像よりすっごくかわいいね。元彼ももったいないことするなあ・・・。」

祐二さんが私の顔を見ながら、しみじみといってくれたのがすごく嬉しかった。


「ホントですか?私って祐二さんの好みだったりします?」

「もちろん!ストライクど真ん中だよ。しかもさあ、裕子ちゃんって、こうやって会ってからもだけど、メールでも礼儀正しいっていうか、しっかりしてる感じだったから、そういうところもいいなって。」


祐二さんみたいなイケメンにほめられて、私の頭の中からは元彼のことなんてきれいさっぱりなくなってしまった。

裕子ツは私の方が成績がいいのがコンプレックスみたいで、いつも私のことを真面目ぶってとか、お堅いとか、からかっていたのに。

祐二さんは、むしろ、そういうところを認めてくれるんだ・・・。


このままラブホテルとかにいっちゃってもいいと思ったんだけど、軽いと思われたくなくて、自分から誘ったりなんかはできず。


その後、さらにデートして、三回目でやっと祐二さんからラブホテルに誘ってくれたの。


ラブホテルで二人きりになれたとき、祐二さんにぎゅって抱きしめてもらって、胸がどきどきいって、とてもしあわせで、そのままちゅっとキスしてもらって、男の人の腕の中ってやっぱりいいなあと思った。


そのままベットに押し倒されて、舌を口の中に入れるディープキスをしてもらいながら、ゆっくりと服を脱がされていって、気がついたら裸になってて。

「裕子ちゃんの裸、すごくキレイだよ。」とか、「はじめて会ったときからずっとこうしたかったんだ。」とか耳元で囁かれると、ずっとおあずけ状態だったおまんこがきゅんってなっちゃった。


祐二さんはおっぱいを優しくもんだり、乳首をちろちろって舌で舐めてくれたりしながら、少しずつ、体をおまんこのほうへずらしていって。


シャワー浴びてないし、どうしようって思ったんだけど、私があせっているうちに、ぐいって足が開かれちゃって、おまんこを舌でぺろぺろと舐められちゃった。


やわらかくてあたたかい舌が気持ちよくて、すごくよかったんだけど、恥ずかしくて、

「いや・・・汚いよ・・・ダメ・・・。」

っていったら、祐二さんはますます激しくおまんこのワレメを舐めながら、


「全然汚くないよ。裕子ちゃんのおまんこ、とってもおいしいよ。」
っていってくれた。


クリトリスを指でこすられたり、口の中にしゃぶったまま、舌先でくりくりされたり、膣口にキスされるみたいに唇をつけられて、舌で舐められているうちに、すっごく気持ちよくなってきちゃって、今までに出したことないくらいヘンな声がでちゃってた。

「あぁん・・・んぅ・・・んくぅ・・・。」

あわてて口を押さえた手をやさしくはずされて、


「裕子ちゃんの感じてるかわいい声、もっときかせて?」

って祐二さんにほほえまれると、抵抗できなくて、自分でもうるさいかなっていうくらいあえいじゃった。


祐二さんの指ってすごく気持ちよくて、膣の中をこすられたり、振動させられたりすると、すぐイっちゃうの。

一回のエッチでこんなにイっちゃったのは、はじめてだった。


祐二さんは、自分でもってきたらしいコンドームをおちんぽにつけてくれて、イきすぎてぐったりしている私の膣口にあてながら、

「入れてもいい?」
って真剣な声できいた。


元彼は毎回いわないとコンドームをつけてくれなかったし、つけるのもイヤイヤって感じだったから、いわなくてもつけてくれる祐二さんって、女の子のこと、すごく大切にしてくれるんだって感動しちゃった。

「ちょうだい!入れてぇ!」


私がいうと、祐二さんのおちんぽはじりじりとおまんこに入ってきて、私の膣壁を押し拡げた。
祐二さんがあんなに指でていねいに膣内を拡げてくれたのに、こんなに手ごたえがあるのは、祐二さんのおちんぽってすごく大きいのかも。

全部おちんぽが入るとおなかいっぱいって感じで、おまんこはもうキツキツだった。

「・・・大丈夫?痛くない?」


心配そうにきいてくれる祐二さんの方がなんだかつらそう。

「平気。ねえ、祐二さんが気持ちいいように動いて・・・。」


祐二さんはにっこりした後、少しずつ腰を動かし始めた。

大きな祐二さんのおちんぽはちょっと動かすだけでも、すごくおまんこに響いて、ちょっと痛かったけど、だんだんそれも気持ちよさに変わっていって、私はまたエッチな声を出しちゃってた。

「あっ・・・はぁん・・・う・・・あふ・・・。」


祐二さんは、私の感じてる顔にちゅっちゅっとキスしてくれながら、

「かわいい・・・。裕子ちゃんのおまんこ、キツくてすごくいいよ。」
といってくれた。

キスとほめられて嬉しかったのが、私のおまんこをきゅうきゅうしめつけてしまったらしく、祐二さんはそれからすぐにイってしまった。


それからは会うたびにエッチして、付き合ってるっぽい感じになってたんだけど、祐二さんの仕事が忙しくなって、自然消滅してしまった。


今でもたまに出会い系を使ったりもするけど、祐二さん以上の男性にはなかなか出会えないでいたりする。


関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
66位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール