FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

亜紀子のおまんこに中出ししていいのは、俺だけだ!

出会い系秘密のセフレ探し

出会い系livedoorワイワイシーで出会った亜紀子は、今では俺の妻になっている。

妹系のロリ妻が家で待っていると思うと、仕事も手につかない。


結婚式で亜紀子をみた俺の友人達は、口々に、「ロリコン」「ロリ妻」と俺を囃し立てた。

ロリ妻を娶った俺への嫉妬だとわかっているから、軽く聞き流してやったが、うちに遊びに来たいというしつこい要望はもちろん却下だ。

妹系のロリ妻がエプロンしてる姿なんてみせたら、絶対エロい妄想するに決まってる。

例え妄想の中でも、俺の亜紀子がやつらに犯されたりするのは耐えられない。

俺が家に帰ると、エプロン姿の亜紀子がドアを開けて、俺を出迎えた。


後ろ手にドアの鍵をしめつつ、亜紀子を片手で抱き寄せて、熱烈なディープキスをする。

「んっ・・・あっ・・・ふぅんっ・・・。」
亜紀子の口の中を舌で舐めまわしていると、亜紀子の体から力が抜けていって、俺にもたれかかってくる。

よしっ、今日もこのまま、玄関でヤるか。

すっかり勃起したちんぽを取り出そうかと思っていたら、ありえない声がきこえてきた。

「新婚さんは熱いねえ!帰ってくるなり、エロエロだ!」

信じられないことに、二人の友人が勝手にあがりこんでいたのだ!

怒りのあまり、ぶるぶると体が震える。

こわばった俺の顔を見上げて、亜紀子がとんでもないことをいい出した。

「お二人で釣りに行って、たくさん釣れて食べきれないから、一緒にお鍋でもしましょうって。」

魚なんていらねえし。

おまえらと亜紀子が一緒の鍋をつつくなんてありえねえ。

「もうお鍋できてるのよ!あとはあなたが座るだけ♪」


愉しそうな亜紀子の笑顔に、俺は怒るタイミングを逃した。

渋々この状況を受け入れ、スーツから普段着に着替えている間も、やつらの馬鹿笑いがきこえてくる。

「こんなロリ妻、俺もほしいー!」

「一生のどこがよかったわけ?俺の方がよくない?」

急いで服を着替え、リビングに入って愕然とした。

亜紀子を挟むように二人がソファーにおさまり、俺だけが一人席だ。

三人で座るにはちょっと狭いソファーだから、亜紀子の体は二人にぴったりと密着している。

「亜紀子・・・お前はこっちに座りなさい・・・。」

「えーっ!お前がここに座ったら狭いじゃん。」

「うるさい!そこつめろ!」

俺は亜紀子のそばに座った。

「ああー、ロリ妻の感触、もっと味わっていたかったのになあ。」

鍋を食い終わって、やつらをたたき出すまでの三時間ほどは、本当に拷問のようだった。

俺との性生活を亜紀子にきいてみたり、学生時代の俺の恋愛話を暴露したり。

どうにか嫌がる二人を追い出して、片づけをしている亜紀子を床に押し倒した。

「一生・・・まだ片づけが終わってないのに・・・。」

「後でいいよ。俺も手伝うし。それより、俺の留守中に男を家にあげたりするな。」

「えっ・・・だって、一生の友達でしょ?結婚式にも来てくれたし。」


人を疑うことを知らない亜紀子は、きょとんとした表情で俺をみつめている。

「知り合いでもダメだ。男はみんなケダモノなんだぞ。」

服を脱がせながら、俺が真剣に注意しているのに、亜紀子は冗談だと思ったらしい。

「確かに、一生はケダモノだよね・・・。すぐに盛っちゃうんだもん。」

おっぱいを揉みつつ、ディープキスをすると、亜紀子が両手を俺の首にまきつけてきた。

乳首を指でこね、手をゆっくりと下の方にはわせていく。

「ここで?ベッドに行こうよ・・・。」

エプロンとスカートをまとめてたくしあげたところで、亜紀子が戸惑ったような声をあげた。

「ダメ。これはおしおきだから。このままヤるよ。」

リビングでセックスするのははじめてだったので、ちょっと新鮮だった。

さっきまで他人も交えて食事していた場所で、いやらしいことをするなんて、亜紀子と結婚するまで、想像すらしてなかった。

亜紀子のパンティを脱がせて、脚を大きく開かせると、おまんこはすっかり愛液をあふれさせていて・・・。


「どうしてこんなに濡れてるんだ?」

指でワレメを上下にゆっくりとなぞってやると、亜紀子は両手で自分の顔を隠して、

「知らないっ!」
とすねた。

「あいつらに性生活のことをきかれて、思い出してたんじゃないのか?」

くちっくちっといやらしい音を響かせて、亜紀子にも愛液の音がきこえるようにしてやる。


「『中出しされてるの?』とか、『毎日何回ヤってるの?』とかきかれて、嬉しそうに笑ってたよな。」

思い出すと、また怒りがこみ上げてくる。

「だってぇ・・・あなたの友達だから・・・怒れないでしょ・・・。」


俺は亜紀子のおまんこに指を挿入して、ぐりぐりと動かした。

「頬を染めて、照れくさそうに笑っている亜紀子の顔はすごくいやらしかったよ。あいつら、今頃、亜紀子をネタにオナニーしてるだろうな。」

おまんこは俺の指をしめつけて、たっぷりと愛液を垂れ流している。

「そんなわけない・・・。」

「あるよ。こうやって、亜紀子のおまんこに、ちんぽを突き刺して、中出ししたいって思ってんだよ。」

ちょっと乱暴に、亜紀子のおまんこにちんぽを挿入した。

「亜紀子のおまんこに中出ししていいのは、俺だけだ!」

俺がずんずんとおまんこの奥をちんぽで突くと、激しすぎるのか、亜紀子は涙を流しながら、あえぎ続けた。

「いいな!もう絶対に他の男を家にあげるなよ!」

「うんっ・・・あげない・・・あげないから・・・。」

イきまくって、おまんこをひくひく痙攣させながら、亜紀子は俺にしがみついてきた。


ロリ妻のあまりのかわいさに、俺は一度射精しただけでは萎えなくて、おまんこにちんぽを入れっぱなしにしたまま、亜紀子を抱き上げて、ベッドに行った。

当然、結合部からは点々と中出しした精液が滴り落ち、翌日、亜紀子にこっぴどく叱られたのだった。



僕が亜紀子をゲットしたサイト

↓↓↓



livedoorワイワイシー
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 出会い
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール