FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

私が出会い系を利用したのは、エッチを経験してみたかったから。

秘密のセフレ探し

エッチな漫画とかはよくみてて、すごく気持ちよさそうだけど、現実にはあんまり出会いとかなくて、自分から男の人に話しかけたりするのも苦手だった。

ずっと女子校だったせいかすごく緊張しちゃって、まともに会話できないの。

だから、「女子校育ちで男性と上手く話せません。経験豊富で、あまり痛くなく初体験させてくれる男性を探しています。」って書き込んだら、すっごくたくさんメッセージが届いた。

一応全部みたけど、すごく遠い所の人からとか、53歳とかの人からもきてて、もうちょっと条件を限定するんだったと反省した。

とりあえず、よさそうな人と何回かメールをして、写メを送ってもらったんだけど、初体験の相手にはちょっと・・・って感じだったので、もう一度もっとくわしく条件をつけて、書き込んでみた。

避妊をちゃんとしてくれる。
同じ県内に住んでいる。
独身で年の差プラスマイナス5歳以内。
太ってなくて、たばこを吸っていない。
なるべく痛くないように、初体験させてくれる。

やたら注文をつけたおかげで、最初よりはかなり減ったけど、それでもたくさんメッセージがきた。
中には、私の出した条件に当てはまってない人からもきていて、ちょっとムッとした。
でも、今回はこの人ならっていう人をみつけられて、写メも交換して、待ち合わせまでたどりついた。

写メ通りやさしそうで整った顔をしている慎吾さんは、たくさん話しかけてくれて、私の緊張をほぐそうとしてくれた。

いっしょにごはんを食べて、慎吾さんの車に乗ったところで、

「どうする?帰りたいなら送っていくし、俺でいいなら、ラブホテルに行くよ?今日はやっぱり怖いなら、また今度でもいいし。」

もしかしたら、実は怖い人で、犯されて山奥に捨てられたらどうしようなんて心配していた私は、慎吾さんの余裕のある態度にほっとした。

「・・・帰りたくないです・・・。」

ラブホテルに行きたいとはいえなくて、やっと答えた私の頭を慎吾さんはやさしくなでてくれた。

「じゃ、ラブホテルに行こうか。怖くなったら、いつでも止めるから、遠慮なくいうんだよ?」

私の胸は慎吾さんにきこえちゃうんじゃないかってくらいばくばくいってて、緊張と期待でどうにかなりそう。

「シ、シャワー浴びた方がいいですか?」

ラブホテルのドアがしまったとたん、テンパってしまって、ヘンなことを口走った私を慎吾さんは、やさしく抱きしめて、

「あとでいっしょに入ろ?キスしていい?」

といいながら、唇をゆっくり近づけてきた。

私は目を閉じて、慎吾さんの唇が近づいてくるのをわくわくしながら待った。

やわらかな唇が私の唇にふれて、歯の隙間から舌が入ってきた。

上の歯茎の裏とか、舌の裏の付け根の方とかを慎吾さんの舌でくすぐられると、ぞくぞくする。
私の体は力が抜けてしまって、気がついたら、ベットの上に横たわっていた。

だんだん服を脱がされていって、ブラジャーもはずされて、おっぱいもみられてしまう。

私はおっぱいの大きさはけっこう大きいんだけど、乳首がピンクじゃないのがコンプレックスなんだよね。

「おっぱいかわいいね。もう乳首がたってる・・・。」

慎吾さんはまるで赤ちゃんみたいに、ちゅうちゅう乳首を吸っていてかわいい。

乳首を舌で舐められると、すごく気持ちよくて、乳首ってこんなにいいんだってはじめて知った。
オナニーするときは乳首ってさわったことなかったのに。

キスとおっぱいへの愛撫でかなり感じちゃってた私のおまんこは、とってもぬれぬれだったみたいで、慎吾さんがパンティをおろすと、つぅって糸を引いちゃった。

「やだやだ・・・恥ずかしいよ~。」

足をやさしく開かれて、大きくなってからは誰にもみせたことのないおまんこを男の人にみられるのは、とても恥ずかしかった。

「沙織ちゃんのおまんこは、すごくきれいだねえ。鮮やかなピンク色だ。」

慎吾さんが感心したようにほめてくれたので、私はほっとした。
「本当に?気持ち悪くない?」

鏡を使って自分で自分のおまんこをはじめてみたときには、あまりのグロさにショックだったくらいなのに。

「なんで?ステキなおまんこだよ。もうこんなにぐちゅぐちゅだし。」

慎吾さんは笑いながら、私のおまんこのワレメをぺろんと舐めた。

「ひゃ・・・汚い・・・病気になっちゃうよ。」

おしっこしたあと、シャワーを浴びてないのに、舌でこんなに舐められるなんて信じられない。

慎吾さんはおいしい食べ物でも食べるように、熱心に私のおまんこを舐めていて、たまに指でワレメをなぞったり、クリトリスをいたずらしたり、私のおまんこを念入りにこね回した。

「じゃあ、そろそろちんぽを入れる準備をするから、痛かったらいってね。」

慎吾さんは愛液まみれになった指を私にしゃぶらせてぬらしたあと、ゆっくりと膣口に入れていった。

ちょっと痛いかなと思っても、その痛みは長くは続かなくて、すぐに気持ちよくなってきた。

「沙織ちゃん、大丈夫?痛いとかちゃんといってね。」

「はい・・・あっ。」

「痛いの?」

慎吾さんは慎重に動かしていた指を止めて、心配そうに私の顔をみていて、

「ううん・・・気持ちよかったの・・・。」

というと、ほっとしたようににっこりと笑ってくれた。

「我慢しないで声出すと、もっと気持ちよくなれるよ。」

クリトリスを舌で舐めながら、ゆっくりじっくり指でおまんこをゆるめてくれた慎吾さんに、何度も何度もイかされて、もうわけがわからなくなった頃、慎吾さんが私の顔をのぞきこんで、

「もうちんぽ・・・入れてもいいかな?」
ときいた。

「いいです・・・入れてください。」

イきすぎて動くのもダルくなった私が小声で答えると、慎吾さんはぬれて光っているちんぽにコンドームをつけはじめた。

男の人もぬれるんだ・・・ていうか、あんなおっきなのが本当に私のおまんこに入るのかな・・・。
どきどきしながら慎吾さんのちんぽをみつめていると、コンドームを付け終わった慎吾さんが私の膣口にちんぽをあてがった。

「ゆっくり入れるから、なるべくリラックスしてね。痛かったら、我慢しないで教えて?」

ぐぐ・・・とおまんこにちんぽが入ってくると、ムリヤリこじ開けられるような痛みを感じた。
でも、我慢できないほどじゃない。

「だ、大丈夫?」

慎吾さんもかなりつらそうだ。
「は、はい・・・。」

目をぎゅっと閉じて、できるだけ力を抜こうとするけど、上手くいかない。

慎吾さんが乳首を指でさわってくれたり、クリトリスをこすってくれたので、やっとおまんこがゆるんだ。

ぐうっとさらにちんぽが入ってきて、ずずっと奥へと押し進められる。

おまんこが裂けちゃうんじゃないかと思うくらいはちきれそうで、私は怖くなった。
「キツ・・・。」

慎吾さんが入れるのを中断して、キスしてくれたので、私は少しリラックスできた。
いっぱいだったおまんこも少しゆるくなって、やっと慎吾さんのちんぽが全部入った。

「すごい・・・全部入っちゃった。」

自分のおまんこが根元まで慎吾さんの大きなちんぽを咥えこんでいるのをみると、信じられない気持ちでじーんとなる。

「入ったね。おまんこがきゅうきゅう吸いついてるよ・・・。」

慎吾さんは慎重に少しずつちんぽを動かしてくれて、私を最初からイかせてくれた。

慎吾さんにセックスの気持ちよさを教わった私は、他の男の人のちんぽも試してみたくなって、他の人ともエッチしてみたけど、はじめてエッチが一番気持ちよかったし、一番いいセックスだったと思う。


関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
77位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール