FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

ちょっとお酒を飲みすぎて、夢をみているだけ・・・

inemuri

派遣切りされたショックで、私は意識がなくなるまで飲んだ。

一緒に飲んでいた派遣仲間にムリヤリ起こされて、電車に乗せられる。

「大丈夫?ちゃんと降りるんだよ。」

心配そうにはしながらも、私を電車に乗せると、派遣仲間は帰ってしまった。

一人になったら、意識が朦朧として、また眠くなる。

私の意識はぶつりと途絶えた。

なんか・・・寒い・・・しかも、誰かに触られてる?

んっ・・・今の感触って、舌?

意識が戻った時、私は全裸にされていて、男の人達に取り囲まれていた。

たくさんの手が私の体にさわって、舐めている人までいる。


なにこれ!?痴漢???

ていうか、何人いるの?
ちょっとおしりをさわってくる程度の痴漢には遭ったことがあるけど、こんな大胆な痴漢は初めてで、私は欲求不満で夢でもみているのかと思った。

「あ、起きたんだ。おいしそうなお姉さんが無防備に寝てるから、ちょっと痴漢させてもらおうとしたら、みんな参加してきちゃってさあ。」

私の顔の側にいた若い男が、悪びれない口調で、そんなことをいってくる。

確かに、私を痴漢している男達は、年代も服装も様々で、とても知り合いのようにはみえない。

足を大きく開かれて、おまんこを舐められた。

「ひっ・・・やめて・・・やめてよ・・・。」

抵抗しようとしても、男達の力には敵わず、絶望的な気持ちになった。

「もうみんなやめられないよ。お姉さんも愉しんだら?」

勝手なことをいいながら、若い男は勃起ちんぽを取り出した。

先走りでぬめって筋が浮いているそのちんぽは、すごく硬そうで大きい。

「俺が最初に痴漢したから、一番にお姉さんのおまんこを使うってことで合意してるんだよね。みんな待ちきれないみたいだから、そろそろ挿れるよ。」

若い男がそういうと、私の体は抱え上げられ、手足を押さえつけられた。

必死でもがいたのに、全然びくともしない。

「はーい。挿れるよー?」

亀頭がおまんこのワレメを上下にこする。

意識のない間もいじられて感じていた私の体は、私の意志とは無関係に、ちんぽを受け入れようとしていた。

ちゅぷっと膣口から硬いちんぽが挿ってきて、私のおまんこをいっぱいにして・・・思わず、声が漏れた。

「はうっ・・・ううっ・・・ああっ・・・。」

「キツいね・・・すごくうねって気持ちいいよ。」

若い男は興奮を抑えたような口調でいいながら、腰を動かす。

私が抵抗できなくなったせいか、私を押さえつけていた力が緩んで、その代わりにまた体のあちこちをいじられた。

乳首、クリトリス、アナルをさわっている痴漢もいる。

順番を待ちきれない痴漢が、私の体に勃起ちんぽをこすりつけてくるのも、私の興奮をさらに煽った。

元々すごく酔っていたせいもあって、理性が簡単に吹き飛んでしまう。

「あっ・・・あんっ・・・やっ・・・いいっ・・・。」

「気持ちよくなってきた?よかったら、周りにある勃起ちんぽ、手コキしてあげてよ。」

両手を伸ばして、側にあった勃起ちんぽを手コキしたら、精液を体にぶっかけられた。

「やだっ・・・こんな・・・。」

一瞬、我に返って文句をいおうとしたら、体がぐりんと反転した。

おまんこに挿っていたちんぽが、膣壁をえぐって、電流のように強い快感が体を突き抜ける。

「せっかくだから、お口も使いたいよね。だって、早くしないと、終点に着いちゃうし。」

若い男の言葉通りに、口の中に勃起ちんぽが挿ってきた。

手にもまた勃起ちんぽを握らされる。

青臭い・・・苦いし・・・もう体中精液まみれで・・・。

おまんこに中出しされるのと同時に、私は絶頂を迎えた。

若い男がおまんこからちんぽを抜くと、すぐに違う勃起ちんぽが挿ってくる。

後ろから突き上げられる度に、ちんぽを咥えている口からくぐもったあえぎ声が漏れている。

私は完全に、この痴漢達との乱交を愉しんでしまっていた。

三人目の男が中出しを終えると、若い男が私のおまんこにちんぽを挿れようとした男を止めていった。

「もうすぐ終点に着いてしまうから、近くの公園のトイレで続きをしようよ。まだ全然、物足りないでしょ。」

上からコートを着せられて、男達に囲まれた私は、男子トイレへと連れ込まれた。

トイレに着くと、すぐにコートを脱がされて、おまんこにちんぽを挿れられる。

「どうせだから、アナルも使っちゃう?」

若い男の指がアナルにねじ込まれて、ぐりぐりとアナルを拡げてくる。

「やっ・・・あっ・・・あんっ・・・。」
あえぎ声がトイレに響いて、すごく恥ずかしい。

「うーん。これでイけるかな。ハンドクリームしか潤滑剤がないけど、痛かったらゴメンね。」

おまんこにちんぽを挿れている男に抱きつくような体勢にさせられて、アナルにちんぽを押し当てられる。

指なんか比べ物にならない違和感に、私は悲鳴をあげた。

「あんまり大声出すと、人が来てしまうよ。人数が増えたらイヤだろ?」

後ろから私の口を塞いで、若い男がゆっくりとアナルにちんぽを押し込んでくる。

「すごっ・・・おまんこがめっちゃ締まって・・・もうイくっ・・・。」

おまんこからちんぽが抜かれると、アナルには根元までちんぽが挿ってきた。

息つく暇もなく、またおまんこにちんぽが挿れられる。

強烈すぎる快感に、私は思わず、おしっこを漏らしてしまった。

こんなの夢だ・・・ちょっとお酒を飲みすぎて、夢をみているだけ・・・早く起きなきゃ・・・現実に戻らなくちゃ・・・。

必死でそういいきかせているのに、このいやらしい夢はちっとも醒めずに、ますますエスカレートしていった。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
74位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール