FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

童貞で抜かず三発というものを経験した。

fera


ちょっといいなと思っていた美来に告られて、俺は即オッケーした。

彼女いない暦20年、童貞の俺に初めて彼女ができた!

しかも、かわいい彼女が!

俺はこの素晴らしいニュースを親友の昌彦に伝えた。

昌彦は口をぽかんと開けて黙り込んだあげく、

「変態美来に告られたの?で、変態美来と付き合うって?」

人の彼女を変態呼ばわりなんて、いくら俺がうらやましいからってありえないだろ。
当然、俺はキレた。

そして、引き止めてくる昌彦を振り切って、美来との待ち合わせ場所に向かった。
美来はすでに待ち合わせ場所にいて、俺をみつけると、嬉しそうに駆け寄ってくる。

勢い余って俺の胸の中にとび込んできて、恥ずかしそうに顔をあげて俺をみた。

かわいい・・・かわいすぎる・・・これは・・・キスか!?
キスしていいパターンか?
でも、今日ってか、さっき付き合い始めたばかりで、いきなりキスとかしてもいいもんか?
でも、唇がおいしそうだ・・・キスしてみてえ・・・いや、焦って嫌われたら・・・。

美来をじっとみつめたまま、ぐるぐると悩んでいると、美来が誘うように目を閉じた。

これは!

さすがにキスオッケーのサインだとわかって、俺はゆっくりと唇を重ねた。

やわらかい・・・そして、いい香りがする・・・なんて女の子って、素晴らしいんだ・・・。

俺の股間には興奮でどんどん血液が集まり、ちんぽがバキバキに勃起した。

あまりにも急に血液が下半身に集中したので、頭に血が足りなくなったのか、くらくらとめまいがしてくる。

ぼんやりとしていた俺の意識は唇の間から侵入してきた舌によって、強制的に覚醒した。

にゅるりとした舌が俺の口の中をれろれろと舐めまわす。

はっきりいって、気持ちいい・・・。

美来の唾液がどんどん入ってきて、飲みきれなかった分が、顎を伝っていく。

どうしよう・・・キスだけでイってしまいそうだ。

女性経験のまるでない俺にできることといえば、必死で射精を堪えることと美来の舌に自分の舌を絡ませることだけだった。

たっぷり時間をかけてキスを愉しんだ美来は、ようやく唇を離した。

どちらのものかわからない唾液で濡れた唇が、めちゃくちゃエロい。

そして、こんなにぴったりとくっついているのだから、俺が勃起してしまっているのも、美来にはバレバレだろう。

「ふふっ・・・佑樹くんのちんぽ、すっごく硬いね。」

無邪気そうな笑顔で、美来はとんでもないことをいってくる。

どう反応していいかわからず、俺は戸惑った。

「ね、フェラチオしてあげようか?」
そういうと、みせつけるようにゆっくりと、赤い舌で唇を舐める。

あまり人が通らないとはいえ、ここは外だし、誰にみられるかわからない。

それはわかっていたけど、射精したくてたまらなくなっていた俺はつい頷いてしまった。

じらすようにのんびりと、美来が俺のズボンを脱がせて、トランクスの上からやわやわと勃起ちんぽを撫でた。

先走りが溢れていて、トランクスにもシミができてしまっている。

美来の手がトランクスを膝まで下ろすと、期待に満ちた俺のちんぽはばいーんとそそり勃った。

美来はうっとりと俺のちんぽをみつめて、

「佑樹くんのちんぽ、大きくてステキ・・・硬いし・・・とってもおいしそう。」
なんて囁く。

そして、俺のちんぽをすっぽりと口に含む。

清純そうなイメージを持っていた美来が、淫語をいいまくり、野外露出でも躊躇わずにフェラチオするような女だったと知って、昌彦が美来のことを「変態美来」と呼んだ理由がちょっとわかった気がした。

ただ口に含まれているだけでも温かくてぬるっとして気持ちいいのに、舌が俺のちんぽに絡み付いてきて、信じられないほど気持ちいい。

俺はあっという間に射精寸前になり、

「もうっ出るから・・・離して・・・。」
美来の口からちんぽを抜こうとした。

それなのに、美来は俺のちんぽをしっかりと咥えこんで離さず、ますます激しく舐めまわしてくる。

恐ろしいくらいの射精感に耐え切れず、俺は口内発射してしまった。

ごっくんと俺が口内発射した精液を飲み干した美来は、さらに蜜口を舐め、ちゅうちゅう吸って、もう一滴も精液が出ないことを確認してから、俺のちんぽを解放した。

「佑樹くんの精液、すっごく濃くておいしかった。・・・ねえ、まだ勃起してるから、今度は、私のおまんこに精液ごちそうしてくれる?」

美来は荒い息を吐いている俺の目の前でパンティを脱ぐと、内側の部分を俺に突き出し、愛液で濡れているのを確認させた。

「佑樹くんはどんな体位でヤりたい?正常位?それとも、バック?座位もいいよね・・・。」

俺が興奮で何もいえずにいると、美来は自分から壁に両手を突き、スカートをめくって、真っ白なおしりを丸出しにした。

ちんぽを握ってとびついたはいいものの、どこに挿れるのかよくわからなくて、やみくもに亀頭でおまんこを撫でてしまう。

「あんっ・・・気持ちいい・・・ここ・・・ここに挿れてぇ・・・。」

美来は俺のちんぽを膣口に導き、自分でもおしりを突き出した。

おまんこにみるみる呑みこまれた俺のちんぽは、あまりの気持ちよさに射精したいと訴えてくる。

ヤバい・・・生ハメだとはいえ、挿れた瞬間に射精したら絶対にダメだ。

俺がじっとして、射精感を堪えているというのに、美来は容赦なく腰を振り、どんどん快感を高めていく。

「そんなにしたらっ・・・出てしまうよっ!」
我慢できなくなって叫んだら、

「中出ししていいよ・・・でも、まだ続けてね。」
美来があっさりと答えた。

許可が出た瞬間、俺のちんぽは中出しで果てる。

でも、そのまま美来のおまんこに挿れたままにしているうちに、また硬くなってきた。

「今度はもっと激しく、奥まで突いて・・・。」

・・・結局、その日は抜かず三発というものを経験した。

そして、それからも俺は、美来の「変態美来」という呼び名が伊達ではないことを思い知らされることになった。

付き合ったことを後悔はしてないけど、他の女じゃもう満足できなくなりそうで怖い。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール