FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

今日はおまんことアナル、どっちにちんぽをブチこもうかな

sm


修一がSM趣味を持っているとわかっていたら、どんなに好みでも付き合わなかったのに・・・。

後ろ手に縛り上げられて、目隠しをされた状態で、私は修一の勃起したちんぽを咥えさせられている。

おまんことアナルにはバイブがハマっていて、強烈な振動が私の舌の動きを鈍くしてしまう。

感じながらフェラチオするのは、とても難しい。

つい気持ちよさに流されてしまいそうになるから・・・。

「どうした?もっと舌を動かせよ。」

修一がからかうような口調でいいながら、私の乳首をぎゅっとひねりあげた。

痛い・・・のに、じんじんとした熱が乳首から滲んでくる。

ちゃんとフェラチオしないと、もっとおしおきされるので、私は一生懸命に舌を動かした。
頭を前後に振るようにして、唇でサオを扱く。

「んっ・・・ふっ・・・ぐふっ!」

いきなり腰を突き出されて、亀頭でのどを突いてしまった。

私は床に体を折り曲げるようにして、ごほごほと咳き込む。

口の端からよだれがたれて、涙もにじんだ。
「ごめんごめん。大丈夫?」

背中をさする修一の手は、大きくて温かい。

呼吸が整ってくるにつれて、やさしく体を触られるのがたまらなくもどかしくなってきた。

「ごめんなさい。大丈夫です。」

半年ほどのSM調教の結果、私は修一のことをご主人様と認めてしまっていた。

SMなんて一生経験することはないと思っていたのに、今の私は修一の彼女ではなく、性奴隷に成り果てていると思う。

修一は私の顎をつかむと、目隠しをはずして、キスしそうな至近距離でじっと私をみつめた。

「美沙はいつまでたってもフェラチオがヘタだなあ。そんなことじゃ、立派なM奴隷になれないぞ?」

悲しくなって目を伏せたら、涙を舌で舐め取られた。

ぬるっとした舌の感触と温かさが、くすぐったくて気持ちいい。

「フェラチオでご主人様をイかせられないと、M奴隷の美沙はどうなるんだっけ?」

「・・・ほ、放置プレイ・・・です。」

この前の放置プレイを思い出して、私はぞっとした。

イきそうでイけない状態で、ずっと放置されることを考えると、恐怖で体が震える。

「今度はちゃんとフェラチオしますから!お願いです・・・もう一度・・・美沙にフェラチオさせてください。」

自分からフェラチオさせてくれと頼むなんて、以前の私なら絶対にありえないことだったのに。

放置プレイを避けるためなら、フェラチオくらい、いくらでもしたいと思ってしまう。

「そうだな。じゃ、縄をほどいてやるから、自分で乳首とクリトリスをいじりながら、フェラチオしなさい。」

オナニーしながらのフェラチオを命令されて、縛られていた縄をほどかれる。

私は左手でおっぱいを包んで乳首をつまむと、右手でクリトリスをいじった。

そして、大きく口を開いて、修一の・・・ご主人様のちんぽを咥え込む。

サオや亀頭に舌を絡めて、じゅぽじゅぽと唇でしごいて、オナニーしていると、頭がぼうっとしてきた。

せっせとフェラチオしながら、気持ちよくなりすぎない程度に指を動かしてオナニーして、ご主人様の射精を待つ。

私も早くイきたい・・・この硬くて太いちんぽをおまんこかアナルに挿れられて、ぐちゃぐちゃに掻き回されたい。

そう思っていると、自然にフェラチオが激しくなって、

「美沙・・・射精するぞっ!・・・こぼさずにごっくんしろよ!」

口いっぱいに青臭い精液の味が広がって、のどに絡み付いてきた。

なんとか全部ごっくんして、ちんぽもぺろぺろ舐めてキレイにする。

「よしよし。気持ちよかったぞ。」

ちゃんとごっくんした私の頭を主人様がなでた。

しっかりとSM調教された私は、それを嬉しいと思ってしまう。

「ご褒美に美沙もイかせてやろうな。ほら、よつんばいになって、お尻を突き出しなさい。」

いわれるままによつんばいになって、ご主人様にお尻を突き出すと、ぐっとバイブの根元を掴まれて、ゆっくりと抜き差ししてくれた。

おまんことアナルにハマっているバイブが交互に抜かれて、また押し込まれる度に、あえぎ声をあげずにいられないほどの快感が走る。

「ああっ・・・気持ちいいですぅっ・・・ぅんっ・・・あふっ!」

「乳首とクリトリスを洗濯ばさみで挟んであげようか?」

耳元で囁かれると、私の体はその快感を思い出して、ずくんと熱くなる。

「お願いします・・・ご主人様ぁ・・・。」

両方の乳首とクリトリスに洗濯ばさみをつけられると、ますます気持ちよくなって、ご主人様のちんぽがほしくなってきた。

「今日はおまんことアナル、どっちにちんぽをブチこもうかな。」

「どちらでも・・・お好きな方を使ってください・・・美沙のいやらしい穴は、もうご主人様のちんぽがほしくて、ぐちゅぐちゅになっています・・・。」

「美沙のおまんこは愛液があふれすぎて、ぐちゅぐちゅのどろどろだ。あんまり濡れすぎているとイマイチだから、今日はアナルにするか。」

アナルにハマっていたバイブが抜かれて、代わりにご主人様の勃起ちんぽが挿ってきた。
ああっ・・・気持ちいいっ・・・。

敏感になった体が、気持ちよさでぶるぶると震える。

「ご主人様っ・・・もっとっ・・・もっとぉっ・・・。」

よつんばいでよがりながら、私はSMプレイによる快感を夢中で貪っていた。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール