FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

クリトリスには、舌でクンニされてるように感じるおもちゃを装着

出会い系秘密のセフレ探し
彼女は尽くしてくれるタイプだ。

こうゆうコはたいていMだということを俺は知っているが、いきなりハードに責めると引かれてしまうので、ソフトSMから徐々にハードルを上げていくことにした。

「今日は目隠ししてみようよ。」

アイマスクを渡すと、陽子はためらっていたが、素直につけてくれた。

ハダカにアイマスクをすると、無防備な感じでワクワクしてしまう。
俺はそっと陽子をベットに寝かせると、両手をあげさせて、手枷をした。
「え?何?」
「身動きが取れないって、興奮しない?」

俺は陽子の耳元でささやきながら、おっぱいを両手で愛撫した。
ゆっくりともみしだき、乳首をくりくりと刺激する。

「ん・・・やん・・・。」

手枷をベットに固定し、陽子の両足をがばっと開く。

「ほら、いつもより濡れてるじゃん。」

あふれてきた愛液をワレメにそって、人差し指でぐりぐりとなぞると、
「んん・・・。」
と首をふる。

俺は拘束テープで、折り曲げた状態の足をヒザのところで固定し、M字開脚のようにした。
丸見えになったアソコからは次々に愛液が流れ出している。
用意しておいたローターをアソコとアナルに挿入した。

「な、何・・・?」

「大丈夫。すぐに気持ちよくなるからね。」

彼女の頭を優しく撫でながら、ローターのスイッチをオンにする。
ブブブブ・・・小さな音とともに、彼女の体がくねくねと動き始めた。
クリトリスには、舌でクンニされてるように感じるおもちゃを装着した。

「やだぁ・・・はずしてぇ・・・。」

抵抗する彼女の声は弱々しい。
さらに、乳首にはバイブ効果を与えるクリップをゆるめにはさむ。

「はあん・・・だめぇ・・・。」

彼女は体をのけぞらせて軽くイったようだ。
俺はアソコに入れていたローターを抜き、もっと太いいぼいぼのついた凶悪な感じのバイブを挿入した。

ぬれぬれのアソコはぶっといバイブをずぶぶぶと、いとも簡単に吸い込んでいく。

「んん・・・はあ・・・あ・・・。」

彼女はもう抵抗をやめて、素直に快楽を楽しんでいるようだ。
アソコが極太バイブを根元までくわえこんだところで、ゆっくりとまた引き抜く。
愛液をしたたらせたアソコは、バイブをひきとめるかのように、絡み付いてくる。

俺は彼女に挿入したときの快感を思い出して、ペニスを硬くした。
一度、バイブを完全に引き抜き、膣口のあたりをじわじわと刺激する。
彼女の腰は物足りなそうに、うごめいている。

つぷ・・・と、ちょっとバイブを挿入しただけで、ひくひくするアソコはもっと奥へと引き込んでいく。

再び、根元までバイブを飲み込んだところで、スイッチを入れた。
ウイーンという電子音をさせて、うねうねと動きはじめたバイブに、彼女のあえぎ声も大きくなった。


「いい・・・あっ・・・はん・・・。」

アナルに入れていたローターを抜き、もっと細長いバイブに、ローションを塗って、じわじわとアナルに差し込んだ。

ローターで広げられていたアナルは細長いバイブを楽に飲み込み、なんともいやらしい姿になった。
目隠しをされて、両手をあげた状態で拘束され、M字開脚の体制で足を固定された彼女は、両方の乳首にクリップを挟まれてバイブ振動による刺激をうけて、クリトリスにはクンニマシーン、アソコには極太いぼつきバイブ、アナルには細長いバイブをくわえ込んでいる。

アソコからは愛液がだらだらと流れ続け、お尻を伝って、シーツを汚している。

「ねぇ・・・もうガマンできないよぉ・・・。」

しばらく、そのいやらしい姿を観察していたら、彼女が恥ずかしそうにつぶやいた。
俺はアソコに入っている極太バイブを出し入れしながら


「何がガマンできないの?」
ときいてみる。

「あっ・・・あん・・・いじ・・・わるぅ・・・。」

彼女はあえぎながら、首をゆっくりと左右にふる。

俺が無言でバイブを出し入れしていると、痺れを切らしたように、
「あなたのをアソコにいれてほしいの・・・。」


普段の彼女からは考えられない発言だが、せっかくなので、もう一押しすることにした。


「何をどこにいれてほしいって?」


アソコの奥まで入ったバイブをぐりぐりとまわしながらきくと、


「あなたの・・・おちんぽを・・・私のおまんこにいれてぇ・・・。」


「よくできました。」


俺はアソコのバイブを抜き取ると、いきりたって先走りで濡れている俺のペニスをぐっと入れた。
バイブでじらされていたアソコは俺のペニスを大歓迎して、まとわりついてくる。


「はん・・・いい・・・すごく気持ちいい・・・。」

ペニスを奥におし進めると、彼女の口からは悦びの声がもれる。
大きく二、三度、腰を動かした後、奥に入れたまま、じっとしていると、彼女が悲鳴をあげた。


「いや・・・動かして・・・。」

俺はアソコにペニスを挿入したまま、彼女の手枷をはずして、ヒザを固定していた拘束テープもはずした。

ついでに、クンニマシーンもジャマなので、とってしまった。
体制を変えて、女性上位にすると、アイマスクをとってやる。

「ほら、自分で動いてごらん。」

彼女は乳首をクリップで挟んだ自分の姿をみて、顔を真っ赤にしたが、ゆっくりと腰をふりはじめた。

「あ・・・あん・・・。」

彼女の動きにあわせて、腰を突き上げてやると、夢中になって快楽を追っていた彼女は簡単にイってしまった。

「もうイっちゃう・・・。」

力尽きて俺の上に、かぶさってきた彼女を仰向けに寝かせて、正常位でがんがん突き上げているうちに、俺も気持ちよくなって、彼女の中に精液をぶちまけたのだった。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
80位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール