FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

いつか結婚したら一日に何度も思いっきり中出ししたいもんだ。

出会い系秘密のセフレ探し
俺の彼女の雅美は俺にはもったいないくらいかわいく、おっぱいも大きく、体の相性もバッチリなんだけど、最近、セックスがマンネリ気味だった。

そこで、俺の部屋に来た雅美に、アイマスクを渡して、目隠しセックスを提案してみた。

素直にアイマスクをしてくれた雅美はパンティにアイマスクという姿で、俺のベットに横たわっている。

つやつやと光っている唇に、そっとキスして安心感を与えたところで、雅美の両手を上にもちあげた。

「ついでだからさ、これも使ってみようよ。」

ふわふわのボア素材の手錠をかけて、ベットに腕を固定してしまう。

「何コレ・・・イヤ・・・。」

と戸惑った雅美が文句をいいかけているうちに、乳首をぺろぺろと舐めて、ソフトにおっぱいをもんでいく。

「だめぇ・・・はずしてよ・・・。あん・・・。」

抵抗する雅美の口を舌で舐めまわして封じる。
舌を絡ませ、ちゅぷちゅぷと唾液をあふれさせているうちに、雅美の体から力が抜けた。
指で刺激され続けている乳首が気持ちよかったのかもしれない。

パンティにそっと手をかけ、下ろすと、あふれ出ていた愛液がパンティから糸を引いた。

目隠しと手錠でかなり興奮して、感じやすくなっているようだ。

両足を開いて、おまんこをむきだしにすると、膣口がぱくりと口を開いた。

普段、こんなに明るいところでみせてはもらえないので、まじまじとみてしまう。

俺が視姦しているのを感じているのか、おまんこはひくひくとうごめいて、愛液をたれ流す。

俺は唇をよせて、ちゅうっと吸ってみた。

「ああん!や・・・ああ・・・。」

目が見えなくて次の刺激の予想がつかないせいか、手が拘束されていて抵抗できないという感じがいいのか、いつもではありえないくらい大きなあえぎ声で反応してくれる。

俺は楽しくなって、おまんこをれろれろと舐めまくった。

俺のよだれと愛液でぐちょぐちょになったおまんこに指を入れて、ちゅぷちゅぷとわざと大きな音をたてる。

「すげーやらしい音・・・。」

じゅぶ・・・ちゅぷ・・・という音は静かな部屋に響いて、雅美の耳にも確実に届いているはずだ。

雅美はもじもじと体をよじっている。

俺は雅美の足の間に座ると、おまんこに指を入れたまま、クリトリスを舌で転がし始めた。
舌先でちろちろ舐めたり、強めの力で舐めあげたり。

同時に、ゆっくりとおまんこに入れた指も出し入れする。

「ああ・・・はあ・・・あん・・・。」
もういつでも挿入できそうだ。

でも、せっかくだから、いつもできないことをしておきたい。

俺はこっそり買っておいた細めのバイブをスイッチを切ったまま、そっとおまんこに入れていった。

「ええっ!?な、何コレ!?」

雅美は驚いてびくっとなったが、俺が足を押さえているので、バイブがおまんこに飲み込まれていくのをどうにもできない。

バイブが全部入ったところで、スイッチを押す。

ブブブブ・・・という音とともに、ぐねぐねとバイブが動き始めた。

「やだぁ・・・へん・・な感じ・・・。とめてぇ・・・。」
雅美は体をのけぞらせて、腰を振っている。

俺はバイブの根元をもって、出し入れした。

「や・・・あん・・だめぇ・・・出してよ・・・。」
「何だよ。気持ちよくないの?」

雅美のおまんこからは愛液があふれ出ていて、呼吸も浅くなっている。

ぴんとたったままの乳首を指でつまんでやると、雅美はびくびくとカラダを震わせた。

「いや・・・やだぁ・・・。」

俺は雅美のおまんこからバイブを抜き、代わりに指を入れてみた。

中は熱くて、ひくひくとうごめいている。

なんだか、俺の指では物足りなさそうだ。

俺はゴムをつけていないちんぽをそっと膣口にあてがった。

愛液でぬるぬるのワレメを何度かなぞって、ぐっと中に入れると雅美が悲鳴をあげた。

「だめだよ!つけて!」

そのまま、ゆっくりと最奥まで押し入れ、中のひくつきをダイレクトに感じる。

今まで何度頼んでもダメだった俺の夢が実現した瞬間だった。

あたたかい秘肉につつまれていると、セックスしているという充実感で満たされる。

「やだぁ・・・ぬいてよぉ・・・。」

雅美はぐすぐすと鼻を鳴らしていて、泣いているのかもしれなかったが、ゆっくりと腰をうごかすと、それも嬌声に変わった。

「あ・・・あふ・・・はん・・・。」

ぐちゅぐちゅとおまんこが喜びの音をあげている。

ひくひくと俺のちんぽをつつみこんで、逃がさないようにまとわりつく膣の中はゴムごしでは味わえなかった快楽を俺にあたえている。

すぐにイってしまいそうだったので、ちょっと止まって、指でクリトリスをこちょこちょと愛撫してみた。

膣がきゅうきゅうとしまり、俺の動きを催促する。

雅美の体を抱きしめて、乳首をしゃぶると、ひくつくおまんこは待ちきれないように、俺のちんぽに絡み付いてきた。

一秒でも長く楽しめるようにゆっくりピストン運動をしては休みを繰り返して、最奥で精液を吐き出すと、中出しならではの至福感がカラダを包み込んだ。

まだしぼまないちんぽをずるずると抜くと、白い精液がどろりとおまんこから零れ落ちる。

最高の中出しは一ヶ月間、口をきいてもらえないくらいの価値は十分にあった。

付き合っていても、あれは強姦だったと何度も泣かれて、二度としないと誓ったのだが、いつか結婚したら一日に何度も思いっきり中出ししたいもんだ。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
74位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール