FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

もうその細いバイブじゃ物足りないんじゃないの?

秘密のセフレ探し


livedoorワイワイシーで出会ったセフレ美紗子さんとは、カーセックスを楽しむ関係だ。

普通、気が散りやすいカーセックスだと、女性はイきにくいときいていたが、美紗子さんは初体験がカーセックスだったらしく、逆に、ベットの上でのセックスの方がイきづらいらしい。

待ち合わせ場所のコンビニで美紗子さんを拾うと、人気のない山奥へ向かう。

狭い車の中では、おまんこをクンニしたり、愛撫するのは大変なので、最近はバイブやローターを使って、自分でちんぽ挿入の準備をしてもらう。
美紗子さんは助手席に乗り込んで、シートベルトをしめると(拘束されてる感じがいいんだそうだ)、ダッシュボードから、ローションを取り出した。

胸元が大きく露出したワンピースは丈が短いのに、今日の美紗子さんはノーパンらしい。

狭い座席の上で、M字開脚してむき出しになったおまんこに、たらりとローションをたらす。
「冷た・・・。」

美紗子さんは指でおまんこのワレメをなぞって、冷たいローションをおまんこになじませてから、細いバイブを膣口に挿入した。

「ん・・・。」

うっとりとして目を閉じている美紗子さんの表情を信号待ちで隣にならんだ車の運転席のおじさんが凝視している。

「美紗子さん・・・横のおじさんにみられてるよ。」

美紗子さんは細いバイブを弱く振動させながら、ちゅぶちゅぶと自分の手で動かして、おまんこに出し入れしていたが、俺のささやきにはっとなって、隣の車をみた。

美紗子さんのちょっと上気してとろんとした顔は、オナニーとかセックスしてるときにしかありえない表情をしているから、美紗子さんが何をしているか、横でみているおじさんにはわかっているのだろう。
明らかに興奮したような様子だ。

「あー、あのおじさん、美紗子さんのいやらしい顔みて、勃起してんなあ。」

「うん。美紗子、知らないおじさんにいやらしい顔みられて、興奮してきちゃった。」

窓ガラスごしに隣の車のおじさんをみながら、美紗子さんはおまんこに入っている細バイブを動かしながら、反対の手でクリトリスをさわりはじめた。

「んん・・・イイ・・・イきそう・・・。」

どうやら美紗子さんには、露出狂の趣味もあったらしい。

今までの最短記録を更新するだろうタイムで、イってしまった。

「もうその細いバイブじゃ物足りないんじゃないの?」

俺がイった反動でひくひくと体を震わせている美紗子さんに冷やかすようにいうと、美紗子さんは真っ赤な顔でこくりと頷き、ダッシュボードから太めのバイブを取り出した。

用済みになっておまんこから取り出された細バイブは、愛液がねっとりとついていて、ほかほかと匂いたちそうだ。

「んぅ・・・おっきい・・・。」

色こそかわいらしいピンク色をしているものの、ちょっと引くくらい太いバイブを一度イって愛液があふれている美紗子さんのおまんこは、ずぶずぶと飲み込んでいく。

だからといって、美紗子さんのおまんこがガバガバとかユルユルとかいうことはなく、俺のちんぽを入れると俺のちんぽサイズにフィットするのが女体の神秘だ。

美紗子さんが自分の手でゆっくりと太いバイブをおまんこに押し込んだところで、信号が青に変わった。
しつこく美紗子さんをみつめているおじさんの車を引き離すように、俺は急発進した。

ついてこられると、これからのセックスに支障をきたしそうだし。

ぐいんと加速したせいで、太いバイブに添えていた美紗子さんの手は、バイブをおまんこの奥へと押し込んでしまったらしい。

「ひぃんっ!・・・ひどいよぉ。」

「ごめんごめん。大丈夫だった?」

美紗子さんはちょっと涙目になっていて、それはそれで色っぽい。

「ちょっと手伝ってやるから、これでカンベンな?」

直線道路でガラガラだったので、俺は助手席に手を伸ばして、美紗子さんのおっぱいを片手でもみもみした。

「・・・ってノーブラかよ!」

薄いワンピースの生地ごしに、硬くとがった乳首が手にふれてくる。

美紗子さんがさっきまでノーパンノーブラにワンピース一枚で、コンビニにいたのかと思うと、俺は無性に興奮した。

「そんな格好でふらふらしてると、いつか犯されるぞ・・・。」

実際、美紗子さんはかわいいし、スタイルもいいから、ノーパンノーブラ歩いていたりしたら、危険極まりない。

「こうやって乳首を勃起させていたり・・・。」

俺は布ごしに、存在を主張している乳首をくりくりと指でしこった。
「太ももにいやらしいお汁をたらしているとね・・・。」

乳首から手をはなして、すべすべの太ももをつつっとなぞる。

「あんっ!」

自分で反対の乳首をいじりながら、クリトリスをいじっていた美紗子さんは、気持ちよさそうなあえぎ声をあげた。

「オスが寄ってきて、襲われちゃうんだぞ。」

ちょっと前かがみになって、おまんこにずっぷりと咥え込まれている太いバイブに手を伸ばし、ぐちぐちと動かした。

「あん!あん!や・・・また・・・イっちゃうぅ・・・!」

今日の美紗子さんはあまりに淫乱すぎて、山奥に行くまで俺の理性が持ちそうにない。

閉店時間を迎えて、車一台停まっていないだだっぴろいホームセンターの駐車場に車を止めた。

「は・・・はぁ・・・。もう着いたの?」

俺は美紗子さんのおまんこから、太いバイブを抜いて、ダッシュボードに放り込んだ。
ズボンとパンツを脱いで下半身をむき出しにすると、窮屈なところに押し込められていた勃起ちんぽがのびのびと勃ちあがる。

カチンとシートベルトをはずした美紗子さんが運転席に身を乗り出して、ちんぽをしゃぶる。
エンジンを切ったので、遠くで車の行き交う音以外は、いやらしい水音しかきこえない。

ちゅぷ・・・ぐちゅ・・・ちゅぶ・・・ぐちゅん・・・。
美紗子さんは俺のちんぽをフェラチオして、片手で軽くしごきながら、空いている手で自分のぬれぬれおまんこに指を出し入れしているらしい。

「んふ・・・うン・・・ねえ、もうおまんこに入れていいでしょ?」

ちんぽを舐められながら、上目づかいにねだられると、俺は頷くしかない。

「いいよ。ちんぽ、自分でおまんこに入れな。」

美紗子さんは嬉しそうに運転席の俺のひざに乗ると、腰を上げて、俺のちんぽをおまんこに入れ始めた。
つぷうううっと、太いバイブで拡張されていたおまんこは、簡単に俺の勃起ちんぽを飲み込んでしまう。

美紗子さんは俺の肩につかまって、夢中で腰を振りはじめた。

「あん・・・は・・・やっぱり、本物のおちんぽイイっ!」

激しく腰を動かしながら、おまんこをひくつかせて、イってしまう美紗子さんとの夜は、まだまだはじまったばかりだ。

ここ、おすすめです。
↓↓↓↓
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
80位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール