FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

俺のパイズリの妄想

出会い系秘密のセフレ探し
兄さんの彼女の真由美さんを紹介された時から、俺はずっとその魅惑のおっぱいに妄想を抱き続けてきた。

真由美さんのおっぱいに顔をうずめ、おっぱいの感触を楽しんだ後、いきりたって我慢汁を垂れ流している勃起ちんぽをおっぱいではさんで、パイズリしてもらうのだ。

俺のパイズリの妄想は、真由美さんが兄嫁になってからも、毎晩の夜のオナニーのおかずだった。

ある日の昼下がり、真由美さんと家で二人きりになった俺は、無防備に昼寝をしている真由美さんを見て、ついにパイズリの夢を実現させることにした。

タンクトップをそうっとまくりあげ、ブラジャーの中に手を入れて、長年の夢だった生乳にふれる。

すべすべでやわやわのその感触は、俺を夢中にさせ、おっぱいから手が離せなくなった。
さわっているうちに、乳首が硬く勃起して、俺の興奮をあおる。

真由美さんは、身じろぎをするものの、まだ目を覚まさない。
俺は真由美さんの上にまたがり、体重をかけないように注意しながら、おっぱいに顔をうずめた。

ブラジャーが多少邪魔しているが、ほおにあたるおっぱいの感触が心地いい。

さらに顔をずらして、おいしそうな乳首をしゃぶった。

乳首をしゃぶっていると、とても満たされた気持ちになる。

舌でれろれろしていると、真由美さんが目を覚まし、乳首を咥えている俺を見て悲鳴をあげた。


「な、何してるの?」


俺は真由美さんの体を拘束するように体重をかけ、逃げられないようにしながら、ブラジャーをずらして、はみでたおっぱいをもんだ。


「やめて!どうしてこんなこと・・・。」

もがいている真由美さんのおっぱいの感触を手で楽しみながら、ちゅぶちゅぶと乳首を交互にしゃぶった。

「だ、だめ・・・やめてぇ。」

俺のよだれでいやらしく光っている乳首をくりくりと手でこねながら、


「義姉さんのおまんこが濡れてなかったらやめるよ。」

「そ、そんな・・・。」

「濡れてないなら、おまんこみせられるよね?おまんこみせてくれないなら、兄さんに義姉さんがフェラチオしてくれたっていってみようかな。」

「わ、わかったわ・・・。おまんこが濡れてなかったら、やめてくれるのね。」


あきらめた真由美さんは体から力を抜いた。

俺は真由美さんのスカートをまくりあげ、パンティをおろした。

ゆっくりと足を開かせて、明るい部屋の中でむき出しになったおまんこをみつめる。

おまんこは見ただけでわかるくらい愛液で濡れて光っていた。


「濡れてるよ・・・義弟に乳首しゃぶられて感じちゃったんだ。」

「ウソ・・・。」

「ほら、こんなにおまんこびちゃびちゃだよ?」


俺は真由美さんの手をとって、おまんこにさわらせた。

まるでオナニーするように、ぬるぬるのおまんこのワレメを指でなぞらされた真由美さんは何もいえずにされるがままになっている。

俺はおまんこに口をつけて、さらにあふれてきた愛液を音をたててすすった。

ず・・・ずず・・・とわざと大きな音ですすり、舌をワレメにはわせる。


「だ、だめ・・・いや・・・。あっ・・・。」

口ではだめといいながらも、全く抵抗しない真由美さんに俺の舌はさらに執拗にクリトリスやアナルまで丹念に舐めまくった。


「は・・・はぅ・・・。」

最近兄さんの帰宅は夜遅いから、ずっと放置されていた真由美さんの体は欲求不満がたまっていたのだろう。

俺のよだれと愛液で濡れ濡れのおまんこに指を入れると、歓迎するようにひくひくとしめつけてきた。

「は・・・あん・・・やだぁ・・・。」

少し指を動かしただけで、腰をゆらしている真由美さんはもう抵抗する気はないようだ。
指を動かしながら、クリトリスをしゃぶっているうちに、真由美さんは指をしめつけて、イってしまった。


「や・・・やだ・・・イっちゃう・・・。」


俺は真由美さんのおまんこから指を抜き、反り返って我慢汁をたらしている勃起ちんぽを取り出した。

それを見た真由美さんは、

「い、入れるのはダメ・・・それだけは・・・。」

と逃げようとした。


「入れないからパイズリしながら、フェラチオしてよ。義姉さんだって俺の指でイったんだから、ちんぽ気持ちよくさせてくれてもいいだろ?」


真由美さんは素直に上半身裸になり、おっぱいを俺の前にさらけだした。

横たわっていてもなお、これほどのボリュームを保てるおっぱいはすばらしいとしかいいようがない。


俺が根元をつかんだちんぽをおっぱいの間に置くと、真由美さんは自らおっぱいを左右から寄せて、ちんぽをはさんでくれた。

やわらかくあたたかいおっぱいにつつまれた俺のちんぽは、至福の瞬間を迎えている。
俺はちんぽを上下に動かして、おっぱいの感触をちんぽで味わった。

我慢汁が谷間に流れて、ちょうどいい潤滑油になってくれる。

だが、パイズリだけでは、刺激が弱くてイけそうもない。

しばらくおっぱいの間でちんぽを動かしていたら、真由美さんが顔をもたげてゆるく唇を開いた。
俺は上下に動かしていたちんぽの動きを止めて、真由美さんの唇がちんぽを包んでくれるのをわくわくしながら待った。

真由美さんの可憐な唇からかわいらしい舌がそろそろと出てきて、亀頭の先端をちろりと舐める。

サオを豊満なおっぱいで挟まれ、上気して赤く染まった恥ずかしそうな表情の真由美さんの舌でちんぽの敏感なところを舐められて、思わず射精しそうになるが、かろうじて踏みとどまる。


真由美さんは亀頭を口に咥えて、舌でころがしながら、手でおっぱいを動かして、サオを刺激する。
勃起した乳首や指が裏筋をかすめるのがかなり気持ちいい。

唇と舌がカリを刺激して、俺の射精感はどんどん高まっていく。

「もう・・・イく・・・。」

真由美さんが口を離した瞬間、ぐいっとちんぽを下にさげたので、勢いよく飛び出した精液はおっぱいの谷間から顔まで飛び散った。

俺は夢にまでみたパイズリができた喜びと気持ちよさで、もう死んでもいいと思ったのだった。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール