FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

バイブと俺のちんぽ、・・・どっちがいい?

baibu
「なー、真美って、バイブ使ったことある?」

裕介は無邪気そうな口調でいいながら、バイブを取り出した。

珍しく鞄を持ってきたと思ったら、バイブが入っていたらしい。


「え。ないけど・・・。」

バイブとかって怖いから、あんまり使いたくないっていう前に、私の唇は裕介のキスで塞がれていた。

絶対にこれは計算ずくだ。


それがわかっているのに、裕介の舌が私の口の中でにゅるにゅると動くと、頭がとろんとしてきて、抵抗できない。

こうやっていつも、裕介は私の体を好きなように弄ぶ。

幼馴染の裕介が私とセックスしてるのは、ただの性欲処理だと思う。

窓から入ってこられるし、オナニーより、セックスの方が気持ちいいもの。

私だって・・・、こうやって、裕介とセックスしてるのは、オナニーより気持ちいいからで、裕介が好きだからじゃない。

裕介とセックスする方が、他の男の人とするより、気を使わなくていいし、楽だし、気持ちいいし・・・。

でも、今まではバイブを使おうなんていわなかったのに。

ひょっとして、私の体に飽きてきちゃったのかな。


それとも、他の女の人にバイブを使ってみて、反応がよかったとか?

そんなことが頭をよぎって、ちょっと悲しくなる。

裕介は私の気も知らないで、耳元で囁いてきた。

「ね、バイブで真美のこと、もっと気持ちよくしてあげる。」
私は無言で頷く。
一度いいだしたら、裕介は絶対に諦めないから。

「じゃ、バイブ初体験だね。」

嬉しそうな様子で、ローションを取り出した裕介は、私のおまんこにどばどばと垂らした。

い、いきなりなの・・・!?

冷たいローションの感触とバイブをおまんこに入れることへの恐怖で、私の体は強張ってしまう。

「大丈夫だよー。怖くないからねー。」

裕介の指が私のおまんこのワレメを上下に撫でている。

ローションでびちゃびちゃの私のおまんこは、裕介の指が動く度に、ちゅくちゅくといやらしい音を立てる。


「よーくおまんこ拡げないと、バイブが入らないからね。」

裕介が持ってきたバイブは、裕介のちんぽより、ちょっぴり小さいくらいの大きさで、バイブ初心者には大きすぎるような気がしてくる。

「もうちょっと小さいのって、ないの?」

何もはじめからこんなに大きいバイブを使わなくても、ローターとか、もっと小さいバイブにするとか・・・。

かわいいピンク色をしてるくせに、妙にリアルな形のバイブがすごく怖くて、私はぶるぶると震えた。

「俺を信じろって。絶対、気持ちよくしてやるからさ。」

ローションでぬるぬるになった裕介の指が、私のおまんこの中に入ってきた。

ごつごつとした太い指なのに、すごく繊細におまんこの壁をこする。


裕介は私のいいところを知り尽くしているから、感じるポイントを集中して責めてきた。

手マンしながら、クリトリスを反対の手でくすぐられると、私はあっけなくイってしまう。

「んっ・・・んっ・・・やだぁっ!」

太ももをびくつかせながら、私がイってしまうと、裕介はにやにやしながら、

「やだじゃなくて、イイだろ?イくときくらい、素直になれよ。」
私をからかってきた。


「ちゃんとイくっていわないと、イかせないぞー?」

未だにえっちな声が出ちゃうのも恥ずかしいのに、イくとかいえないよ。

でも、一度いいだしたら、裕介は絶対に諦めないから・・・。


おまんこの中で、ぐりぐりと指を動かして、クリトリスもいじり続けて、私がイきそうになると中断するっていうのを何度も繰り返して。

イきたくてたまらなくて、私はすっかり涙目になってしまった。

「お願い・・・もうイかせてよぉっ・・・。」

「ちゃんとイくって、教えるんだよ?」

こんなにイきそうなのがわかるんだから、イくっていわなくても、イってるってわかるはずなのに、裕介はどうしても、私にイくっていわせたいみたい。

こくこくって頷いてみせたら、ようやくイかせてくれた。

「イくっ!・・・イっちゃうっ!」


ずっとイくのを我慢させられてただけに、強烈なくらい気持ちよくて、体が何度もびくつく。

おまんこが裕介の指をぎゅうぎゅう締め付けて、やっと緩んだと思ったら、するっと指が抜けていってしまった。

いつもなら、コンドームをつけた裕介のちんぽが入ってくるんだけど・・・。


その日は、ちんぽの代わりにバイブが入ってきて、私のおまんこをいっぱいに埋めた。

「念入りに手マンしたのに、まだまだキツいねえ。」
ぎちぎちにハマってるバイブをゆっくりと出し入れしながら、裕介が私の顔をじっとみてる。

裕介のちんぽより、硬くて冷たい感じがして、あんまり気持ちよくない。


「ね、ねえ・・・バイブより・・・裕介の・・・ほしいよ・・・。」


精一杯のおねだりだったのに、裕介は意地悪そうににやつきながら、
「俺の何がほしいって?ちゃんといいなよ。」

露骨に淫語をいわせようとする。


私がいえないでいるうちに、バイブのスイッチを入れられて、私は気持ちよさにあえぎ声しか出せなくなった。

「ほら、気持ちいいんでしょ?イきそう?」

「うんっ・・・イイっ・・・気持ちいい・・・イきそう・・・。」

耳元で囁かれて、思わずつぶやいたら、バイブが抜かれて、裕介のちんぽが入ってきた。


バイブなんかより、裕介のちんぽの方が、ずっと気持ちよくて、私は裕介にしがみつくようにして、あえぎまくってしまった。

「バイブと俺のちんぽ、・・・どっちがいい?」

ってきかれたけど、そんなの恥ずかしくて答えられないよ・・・。


関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能フィクション
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール