FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

おいしそうで、かわいくて、きれいなおまんこだよ。

出会い系秘密のセフレ探し
俺の彼女の裕子はかなりの奥手で、付き合い始めて半年になるのに、セックスまで辿りつけないでいた。

ディープキスでは目をとろんとさせてうっとりしているのに、パンティを脱がせようとすると、半泣きで抵抗するのだ。

我慢も限界にきた俺は、俺とのセックスがそんなにいやなのかと問い詰めてしまった。

裕子はぐすぐすと泣きながら、

「だって、ないんだもん。」

と小声でつぶやく。

「コンドームならちゃんと用意してるよ。」

大切な彼女にコンドームを使うのは当たり前だ。
俺は嫌がる彼女に中出しするような男だと思われていたのかと、ちょっとむっとした。

「ち、違うよ。アソコの毛がないの。生えてこないの。」
俺は驚いてあんぐりと口をあけた。

「前に付き合ってた人に恥毛が生えてないなんて気持ち悪いっていわれて・・・嫌われたくなくて・・・。ごめんなさい・・・。」

俺はもう一段階、口が開いてあごがはずれそうになった。

「生まれつきパイパンなんて最高じゃない。剃毛プレイはできないかもしれないけど、どうしてもしたければ、脇の毛を剃ってもいいわけだし。」

今度は裕子が口をぽかんと開けた。

「もう半年も無駄にしちゃったよ。溜まりに溜まった俺の性欲と精液をパイパンおまんこで受けとめてもらうからな!」

裕子を抱きしめて、キスしながら服を脱がせても、もう抵抗しなかった。
ずっと脱がせたかったパンティを下ろすと、ものすごく感動した。

「ホントにつるつるだ。かわいいね。」

「本当に?イヤじゃない?」

「裕子のおまんこだったら、つるつるでも、もっさもさでもかわいいさ。」

俺は裕子の足をゆっくりと開いて、裕子のおまんことようやくご対面を果たした。

「すげー!裕子のおまんこ、きれいだなあ。」

「ヘンじゃないの?」

「おいしそうで、かわいくて、きれいなおまんこだよ。」

俺はおまんこに唇をつけて、そっと舌をワレメにはわせた。

「や、やだ!そんな汚いよ!」

「汚くないよ。裕子のだったら、おしっこだって大丈夫さ。うんこはまだちょっと微妙だけど・・・。」

裕子があきれたように俺をみている隙に、俺は数え切れないくらい妄想してきた裕子のおまんこを夢中になってクンニした。

「あっ・・・なにこれ・・・すっごく気持ちいいよ・・・。」

にゅるにゅるとおまんこに舌が入ってきたり、クリトリスをしゃぶられたりすると、裕子はひっきりなしにあえぎ声を出して、俺をさらに興奮させた。

「裕子のパイパンおまんこ、どんどん愛液がでてくるよ。子供みたいにかわいらしいのにスケベなおまんこだね。」

「や、違うよぅ。気持ちいいんだもん・・・。」

裕子のおまんこが愛液と俺のよだれでぬるぬるになったところで、俺は自分の指をしゃぶって裕子のおまんこにそろそろと入れた。

「こんなにかわいい裕子のパイパンおまんこを気持ち悪いとかいった馬鹿男はさあ、最後までしなかったわけ?」

「う、うん。脱いですぐ別れちゃったから。」

指をおまんこの奥まで入れると、隙間もないくらいにぴったりと膣が指にフィットしている。
おまんこが指を咥え込んでいるところがはっきりとみえるのも、パイパンならではのすばらしさだ。

「ま、おかげで裕子の処女がもらえるんだから、俺はツイてるけどね。」

くちっとおまんこに喰いつかれている指を動かすと、少しずつ稼動範囲が広がっていく。

「は・・・あん・・・あ・・・。」

「痛くない?」

「だ、大丈夫・・・。ちょっと痛いけど、気持ちいい・・・。」

少しずつ少しずつおまんこを指で広げて、俺のちんぽをなるべく痛みが少なく受け入れられるように愛撫する。

初めてのセックスが気持ちよければ、裕子はセックスが好きなコになってくれるだろうけど、すごく痛かったり、怖かったりすれば、セックスに嫌悪感を抱いてしまうようになるかもしれない。

半年待ったあげく、二回目からもなかなかセックスできないんじゃ切なすぎる。

俺は指を入れておまんこをほぐしながら、クリトリスと乳首を舌と反対の手で愛撫して、裕子を何度もイかせた。

「もうおかしくなっちゃう・・・。」

裕子はぐったりして、されるがままになっている。
指を三本おまんこに入れたところで、指に血がついてきた。
処女膜が破れて血が流れてきたらしい。

恥毛がないパイパンだけに、すごくよくみえてしまってどきどきする。
まるで少女を犯してるみたいだ。

おまんこをじっくりと指で広げて、愛液をあふれさせたところで、ずっと出番を待って先走りでぬるつくちんぽにコンドームをつけた。

「じゃあ、おまんこにちんぽ入れるよ?」

「うん。おちんぽ入れて・・・。」

ぐっと一気に入れたいのを我慢して、じりじりとじれったくなるくらい時間をかけて少しずつちんぽをおまんこの奥へとすすめる。

「痛くない?大丈夫?」

「すごい・・・押し広げられてる感じ・・・。大丈夫・・・そんなに痛くないかも・・・。」

ようやくちんぽを根元まで入れ終わった俺は、裕子に覆いかぶさって、ぎゅうっと抱きしめた。

「やっと裕子の中に入れた。」

「私もずっとしたかったよ・・・。」

裕子が泣いているのをみると、いとおしさがこみあげてきて、ちんぽもぐぐっと大きくなった。

「ちんぽ動かすよ。」

なるべく裕子の様子をみながら抑えようとしたのだが、裕子の処女まんこの気持ちよさについついハイペースになってしまう。

パイパンだから俺のちんぽを咥え込んでいるところも、そのちんぽに血がついているところも、もろにまるみえで、視覚的にもかなりクるのだ。

射精を何度か我慢して、裕子がイけたところで、俺も精液を吐き出した。


俺の努力のかいあって、裕子はセックス大好きっ子になり、デートのたびにセックスするようになったが、最初のえっちが一番気持ちよかったといわれてしまうのは、かなり複雑だ。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
7024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
103位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール