FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

パイパンにちんぽが飲み込まれていくのがとてもいやらしい。

出会い系秘密のセフレ探し
夏も近づいてきて、彼女の敬子と海に行く計画を立てていると、
「今年は大胆な水着にしちゃおうかなあ。」
といいだした。

敬子はかなり巨乳でスタイルがいいので、きわどい水着なんか着た日には、一瞬たりとも目を離せなくなってしまうだろう。

「ああ、ブラジリアン水着とか?」

あの隠すところを限界まで小さくしましたっていう感じのブラジリアン水着を着ている敬子を想像しただけで、ちょっとちんぽが硬くなってしまった。

「ブラジリアン水着っておしりがはみ出す分、脚が長くみえるんだって。」

冗談でいったつもりだったのに、危険な事態になりそうだ。

俺だけにみせるのなら、敬子がどんなきわどい水着を着ようが大歓迎だが、海には飢えた狼のような野郎どもがわんさかいる。

敬子がいやらしい水着を着て海辺を歩こうものなら、小さな三角の布に包まれた敬子の恥ずかしいところを舐めるような目でみたり、頭の中で犯したりするに決まってるのだ。

俺が目を離した隙に、岩陰に連れ去られてレイプされてしまうかもしれない。

泣いて嫌がりつつも、見知らぬ男達のちんぽをしゃぶらされて、両手でちんぽをしごきながら、後ろから犯されているうちに、感じてきてしまう敬子・・・。

あほな妄想をしていたら、ちんぽが完全に勃起してしまった。

「でも、アソコの毛の処理が面倒なんだよねー。」

彼女はじゃらんをぱらぱらとめくりながら、何気なくぼやいた。

「確かに恥毛って自分じゃ剃りづらそうだな。」

「そうなんだよ!難しいんだよね。」

「じゃあさあ・・・。」

俺が真剣な顔でにじりよると、敬子はけげんな顔で後ずさりする。


「俺が剃ってあげるよ。レッツ剃毛プレイ♪」
「ええっ!そんな恥ずかしいよ!」

「恥ずかしいからいいんじゃないかぁ!さあ脱いで脱いで!」


俺はしぶる敬子を勢いで押し切り、服を脱がせて、バスルームに連れ込んだ。

「そこのバスタブのふちに座ってー。」

敬子がちょこんと座ると、たぷんたぷんのおっぱいにちんぽをはさみたくなるが、今日のところは我慢しておく。

パイズリはけっこう定番プレイだから、今回はパイパン剃毛プレイにトライだ。

俺は敬子にシャワーをかけて、体を温めた後、足を大きく開かせてシェービングフォームをおまんこの上に塗った。


「やん。へんな感じだよぉ。」

「すぐすむからねー。」

鮮やかな赤ピンク色のおまんこの周りに、泡が盛られているのは、淫らなケーキみたいで、ちょっとわくわくする。

じょり・・・俺の髭剃り用カミソリで剃ると、面白いように恥毛がなくなっていく。

おまんこを上の方にひっぱって伸ばしながら、剃り残しがないようにつるつるにする。

10分もしないうちに、かわいらしいパイパンまんこが完成した。

恥毛がないっていうだけで、こんなに新鮮に感じるものかとまじまじとみてしまう。
シャワーで流すと、敬子が足を閉じて立ち上がった。

「もういいでしょ!」

やけにあわててバスルームから出て行く。

俺は体をぬぐうのもそこそこに、急いで敬子を追いかけた。

「なんだよ。パイパンにされて怒ったのか?すごくかわいいのに。」

敬子に後ろから抱きついておっぱいをわしづかみにして、耳元でささやくと、耳が性感帯の敬子はぶるぶると震えながら、

「ち、違うよ・・・恥ずかしかっただけ・・・。」

二人とも裸のままなので、俺のちんぽが敬子のおしりに当たってこすれる。
おっぱいをいじっていた手をおまんこの方に滑らせると、びっくりするくらいぬるぬるになっていた。

「すごい濡れてるね!興奮しちゃったの?」

手にごわごわの恥毛が当たらないとすごくおまんこがさわりやすい。
濡れているのもよくわかるし。

指でくちゅくちゅとワレメをこすりながら、敬子の耳をしゃぶって、舌でれろれろする

「はあん・・・やだぁ・・・立っていられなくなっちゃう。」

敬子の体からは力が抜けていて、愛液も太ももを伝っている。

敬子をベットに押し倒して、がばっと足を開くと、隠す毛のないおまんこがよくみえる。

愛液があふれてきてぬるぬるのおまんこがひくっひくっと蠢いているのは、とてもおいしそうだ。
ずずっとわざと大きな音で愛液をすすって、膣口から舌を奥へと差し込んで上下に動かす。

「や、やだ・・・すごい・・・。」

舌でおまんこをクンニしながら、たわわなおっぱいを両手でもみもみする。

乳首を強くぎゅっとつまむと、おまんこがきゅうっとしまって、舌を押し出そうとしてきた。

「いいねえ。パイパン最高!」

俺はがちがちのちんぽでパイパンおまんこをなぞった。
クリトリスがちんぽでこすれて、気持ちよさそうだ。

「まだ、おちんぽ入れないの?」

うっとりとした顔で、敬子が俺のちんぽをみる。

「じゃあ、自分でおまんこに入れなよ。」

俺がベットに寝そべり、ちんぽの根元を手で支えて見せると、敬子は俺にまたがって、腰を浮かせた。

ぐっと膣口にちんぽをあてがうと、ちょっとずつ体重をかけて飲み込む。

「んん!ちんぽ大きくて硬いよぉ!」

パイパンにちんぽが飲み込まれていくのがとてもいやらしい。
俺は両手でおっぱいをなでまわしたり、乳首をこねたりしながら、ちんぽが全部おまんこに入るのを待った。

「は、入った。」

根元までちんぽを咥えたおまんこはひくんひくんと俺のちんぽを刺激している。

敬子が腰をふると、ちんぽを出し入れしているおまんこがすごく扇情的で俺は興奮のピークを迎えた。

「ねえ、足りないよぅ!動かしてえ!」

下からがんがん突き上げると、口の端からよだれをたらして、敬子はアクメをむかえた。
そのまま押し倒して正常位でピストン運動を繰り返し、射精寸前でちんぽを引き出して、パイパンおまんこに精液をぶっかける。


その後、ちくちくする針のような恥毛が生えてきて、しょっちゅう剃毛しなければならなくなったけれど、パイパンは一度やったらやめられないのだった。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
7024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
103位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール