FC2ブログ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

処女膜をバイブで破っちゃ、もったいないよ。俺のちんぽ入れてもいい?

出会い系秘密のセフレ探し
いとこの夕紀お姉ちゃんのおうちに遊びに行ったら、夕紀お姉ちゃんはまだ学校から帰っていなくて、弟のマーくんが、「姉貴の部屋で待ってなよ。」っていってくれた。

マーくんは私と同い年だけど、通っている学校が違う。

久しぶりに会ったら、かっこよくなっていてどきどきした。

夕紀お姉ちゃんの部屋には、かわいいぬいぐるみとかいっぱいあって、とってもいいにおいがする。

夕紀お姉ちゃんのベットに座って、窓の外を覗いて、夕紀お姉ちゃんが帰ってこないかなあって思ってたけど、なかなか帰ってこない。

なんだか眠くなってきて、夕紀お姉ちゃんのベットにもぐりこんだ。

夕紀お姉ちゃんの香りに包まれているみたいで安心する。

もぞもぞと動いていたら、硬いものにぶつかった。

何かなあと思って、ベットから出してみたら、おちんちんの形をしたピンクのおもちゃだった。

スイッチを入れてみると、ういんういんとおちんちんがくねる。
これってバイブだよね。
夕紀お姉ちゃんがこのバイブを使ってオナニーしてるってこと?

じゃあ、このバイブって、夕紀お姉ちゃんのおまんこに入ったバイブ?

憧れの夕紀お姉ちゃんがこのバイブでオナニーして乱れているところを想像したら、おまんこが濡れてぬるぬるになってしまった。

こんなおっきなバイブ、おまんこに入れて痛くないのかなあ。

バイブはかわいらしいピンク色をしているけど、けっこう大きくて硬い感じだ。
私はそのバイブを使ってみたくて、おまんこがうずうずした。

「お茶もってきたぞー・・・って何やってんの?」

突然ドアを開けたマーくんは、バイブを握り締めている私をみると、呆然とした。

「あっ!・・・あの・・・その・・・。」

私がうろたえながら、バイブを後ろに隠すと、マーくんは何事もなかったかのように、夕紀お姉ちゃんのお部屋に入ってきて、机の上にお茶の入ったお盆を置いた。

マーくんが私に近づいてきたと思ったら、後ろに隠していたバイブを取り上げられてしまった。

「このバイブ、由佳ちゃんの?」

じろじろとバイブと私の顔を見比べながら、マーくんは真顔で質問する。

「ち、違うよ。ここにあったの・・・。」

「へえ、じゃ、姉貴のバイブか。一瞬、由佳ちゃんと姉貴がレズなのかと思っちゃったよ。」

マーくんはさわやかに笑いながら、さらっと爆弾発言をしてくれる。

「なんでそんな話に・・・。」

「いやー、由佳ちゃんが姉貴に、このバイブで私のおまんこいじめてください、っていってるところを想像しちゃってさ。」

思わずその光景を想像してしまった私は真っ赤になったまま、返事ができなくなってしまった。

「でもさ、姉貴のバイブを握り締めて、何を想像してたの?このバイブ、ちょっとおまんこに入れてみたいなって思っちゃった?」

マーくんはじりじりと私に迫ってきて、私を押し倒した。

「由佳ちゃんのおまんこ、もう濡れちゃってるんじゃないの?」

スカートを捲り上げられて、パンティごしにおまんこを指ですりすりとこすられる。

「や、やだあ!やめて・・・。」

「すごく湿ってるよ。ねえ、何を想像して、こんなにおまんこ濡らしちゃったの?」

マーくんの顔がすごく近くにあって、どきどきする。

指が何度もパンティの上からおまんこをなぞっていて、ますますおまんこが濡れてしまう。

「あ、ここがクリトリスだね?」

湿ってぴったりはりついたパンティの上から、クリトリスを探りあてられ、こりこりと指でなぞられる。

気持ちいいけど、もどかしい。

「あ、ごめん。由佳ちゃんはバイブを使ってみたかったんだよね。」

マーくんはパンティの上から、スイッチを入れたバイブをあてがった。

さっき私が試したときとは違う振動するような動きがおまんこからカラダの奥へとじんじん響く。

少しずつバイブがずらされて、クリトリスの上に来たときには、飛び上がってしまうほど気持ちよかった。

「やだ・・・あ・・・は・・・。」

指でクリトリスをいじってオナニーするときより、はるかに強い快感が私を襲って、思わずあえぎ声を出してしまう。

「バイブで感じてる由佳ちゃん、かわいいよ。ねえ、おまんこに直接バイブを入れて欲しくない?」

「・・・入れて・・・ほしい・・・。」

すっかりカラダに火がついてしまった私は、素直に答えてしまった。


「パンティ脱がすよ。」

マーくんはいそいそと私のパンティを脱がせて、がばっと足を開かせた。

「由佳ちゃんの濡れ濡れおまんこ、おいしそうだ。」

マーくんはシャワーも浴びていないおまんこをぺろぺろと舌でなぞり始めた。

「ダメぇ!汚いよ・・・やめて・・・。」

マーくんはぺろりぺろりとワレメを舐めあげるように、おまんこの下の方からクリトリスまで舌で舐めていく。

「あっ・・・あっ・・・いやぁ・・・。」

マーくんの舌が気持ちよくて、頭がぼーっとしてくる。

「よーく濡らさないと、こんな大きなバイブ、入らないでしょ。」

ワレメをやさしくなぞっていたマーくんの指が膣口からおまんこの奥まで入ってくると、ちょっと痛かったけど、だんだん気持ちよくなってきて、いやらしい声が出てしまう。

「あ・・・あん・・・はん。」

「あれ、血がでてきたってことは、由佳ちゃん処女なの?」

「・・・う、うん。」

「処女膜をバイブで破っちゃ、もったいないよ。俺のちんぽ入れてもいい?」


マーくんの大きなおちんちんを目の前に出されると、こんな大きなの絶対入らないと思ってしまう。

「大きすぎるよ・・・入らないよ・・・。」

「なるべくおまんこ広げるから大丈夫。」

マーくんははりきった様子で、私のおまんこに指を入れて、じっくりと広げて、私を何度もイかせてから、おちんちんを挿入した。

コンドームに包まれたおちんちんがおまんこにぐいーっと入ってくると、今までに経験したことのない痛みとほんのちょっとの気持ちよさを感じた。


「大丈夫?痛くない?」

マーくんがなんだかつらそうな表情で私の顔をみつめる。

ものすごく真剣な表情をしているから、なんとなく、痛いとかやめてとかいえなくなってしまった。

「なんとか・・・。」

マーくんのおちんちんは、じわじわと私のおまんこの奥へと入ってきて、全部入れられたときには、カラダ中がマーくんのおちんちんでいっぱいになってしまったような気がした。

「はぁ・・・由佳ちゃんのおまんこ、すげー気持ちいいよ。」

うっとりとした口調でため息まじりにいわれると、なんだかすごく嬉しい。

マーくんがおちんちんを動かすと、痛みがだんだん気持ちよさに変わっていって、マーくんが射精する頃にはイくまではいかなかったけど、かなり気持ちよかった。

「今度はバイブを入れてあげるね。」

帰りがけに満足そうなマーくんに耳元でささやかれたけど、いまだに何かが入っているような違和感のあるおまんこが回復するまでは、遊びに来られないなあと残念に思った。
関連記事


あなたにもできる!セフレゲット攻略法

livedoorワイワイシー



Powered By 画RSS




平成生まれのHカップのAV女優佐山愛&1000斬りのAV男優カズの体だけの関係でもいいからまた会いたいと思わせ、女性があなたから離れられなくなってしまうセックステクニック


オンラインゲームを楽しもう!!
↓↓↓↓

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ画像ブックマーク
アダルト画像ブックマーク オキニー
最新記事
カテゴリ
3P (3)
SM (6)
とってもおすすめサイト
おすすめゲームサイト
逆アクセスランキング
人気ページランキング

ブログパーツ
ブログ運営について
<相互リンク・RSSリンク>
当サイトは相互リンクを募集しています。
今からアクセスどんどん上げていきますので、リンクしてみてもいいなと思われる方は、下記のメールフォームから登録をお願いします。

但し、ワンクリック詐欺サイトと思われるサイトは登録いたしません。

<著作権に関して>
当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。
著作権等の侵害を目的とするものではありません。
掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のメールフォームから権利保有者の方がご連絡ください。
即座に削除等の対応をとらして頂きます。
リンク先の閲覧は自己責任でお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking


アダルトブログランキングへ
アダルト画像のブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
70位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
アクセスアップツール